体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xperia Z/ZLの流出Android 4.3ファームウェア「10.4.B.0.569」における変更内容を紹介

昨日海外版Xperia ZとXperia ZL用として流出したAndroid 4.3ベースの公式ファームウェア「10.4.B.0.569」を手元のXperia ZL試してみました。その中で分かった変更内容をこの記事で紹介します。「10.4.B.0.569」ビルドはファイル名に“Commercial & Journalists”という文字が付いているので、ジャーナリストやマスコミのレビュー用に作成されたビルドだと考えられます。実際に使用してみたところ、タッチ時のフィードバック音にAOSP標準のオーディオファイルが使用されていたり、パフォーマンスが少し悪いなど、未完成さを伺わせる内容だったので、おそらく正式版ではないと思います(プレリリース版的なものだと思います)。同じ内容のアップデートはXperia Z、Xperia ZLだけではなく、Android 4.3へのアップデートが予定されている他の機種(Xperia Z UltraとXperia Z1は除く)にも当てはまることだと思いますので、少しは参考になるかと思います。ユーザーインタフェースの背景色がブラックからホワイトに刷新。内容的にはXperia Z UltraやXperia Z1に近づきました。

カメラアプリが刷新。UIはXperia Z1のカメラアプリとほぼ同じです。起動音やフォーカス・シャッター音もサイバーショットのものに変わりました。

カメラプラグインにも対応。Google Playストアからアプリの追加が可能になりました。「info-eye」や「タイムシフト撮影」は非対応です。

ホームアプリが「6.1.2.A.0.1」にアップデート。壁紙やテーマがXperia Z UltraやXperia Z1と同じ内容に変更されました。また、テーマセレクタがリスト形式になり、右上の「+」をタップするとSony Selectから追加できるようになりました。

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。