ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4.1端末は将来的にChromecastへの画面のミラーリングも可能に?それを思わせる変更が施される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleはAndroid 4.4.1(KOT49E)で「ワイヤレスディスプレイ」機能の仕様を一部変更したのですが、その変更内容が、将来的にAndroid 4.4.1端末がChromecastへのミラーリングに対応するのではないかとの憶測を呼んでいます。変更内容は、Android 4.4までの「ワイヤレスディスプレイ」が「画面のキャスト」に改称となり、そのメニューに入ると、Miracastベースのワイヤレスディスプレイ機能のON/OFFオプションがメニュー内に移動したことです。Miracatが「画面のキャスト」の機能の一つになったことになります。GoogleはChroecastにコンテンツを出力する操作を「Cast」と呼んでおり、Google Cast SDKやPC用のChrome拡張機能でもその名前を使っています。この「Cast」がAndroidに追加されたこと、また、Miracastがオプション機能になったことを考えると、今後、「画面のキャスト」にChromecastが表示されるようになり(現在は表示されません)、画面全体をミラーリングすることも可能になると推測されます。Chromecastを普及させることを考えるとそうするべきでしょう。これが実現すればChromecastの利用価値が上がり、利用者も増えることでしょう。Google Cast SDKはまだ正式リリースされていないので、この機能が利用できるようになるのはその正式リリースのタイミングが濃厚と思われます。現在、「画面のキャスト」にChromecastは表示されないので、Chromecastのファームウェアアップデートも必要になるでしょう。Link : Android.com



(juggly.cn)記事関連リンク
Google JapanがGoogle Playギフトカードの発売開始を発表、全国のコンビニ、イオン、ドンキ、イトーヨーカドーで販売
FeedlyがWEBブラウザ向けFeedly Betaをローンチ
TD-LTE対応のXperia Z1(L39t)の筐体仕様はグローバル版と少し異なる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP