ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 4とNexus 5を手動でAndroid 4.4.1(KOT49E)にアップデートする方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この記事では、本日発表されたAndroid 4.4.1(KOT49E)をNexus 5とNexus 4に手動で導入する方法を紹介します。アップデートは既に配信されているのですが、Googleの配信プロセスでは開始当初の受信数が少ないので、なかなかアップデートできない場合があります。しかし、既にOTAファイルのURLが判明しているので、それを用いて手動でアップデートすることもできます。STEP1:Googleサーバから更新ファイルをダウンロードします。Nexus 4http://android.clients.google.com/packages/data/ota/google_mako/0896df95085b6ad55bbe4694a612da0c6ed2fa1c.signed-occam-KOT49E-from-KRT16S.0896df95.zipNexus 5http://android.clients.google.com/packages/ota/google_hammerhead/7ed504f678cea49ecf0974e8cd956e2974e3f943.signed-hammerhead-KOT49E-from-KRT16M.7ed504f6.zipSTEP2:端末をシャットダウン。STEP3:端末のブートローダーを起動します。操作方法は、ボリューム上下ボタンと電源ボタンを同時に数秒間押します。(ボタン操作でブートローダーが起動しない場合、起動させた後、PCとUSBで接続し、コマンドプロンプト上でadb reboot bootloaderを実行します)STEP4:ボリュームダウンボタンを2回押して「Recovery mode」を選択し、電源ボタンを押してリカバリモードを起動。STEP5:赤いトライアングルのアイコンが表示されたら、ボリュームアップボタンと電源ボタンを同時に押し、リカバリメニューを表示。STEP6:端末とパソコンをUSBケーブルで接続。STEP7:”apply update from ADB”にカーソルを合わせて電源ボタンを押すと、画面上に”Now send the package・・・”というメッセージが表示されるので、 パソコン上(Windows)でコマンドプロンプトを起動し、「1.」でダウンロードしたZIPファイルを保存したフォルダに移動します。そして、次のADBコマンドを実行します。

(Nexus 4)の場合adb sideload 0896df95085b6ad55bbe4694a612da0c6ed2fa1c.signed-occam-KOT49E-from-KRT16S.0896df95.zip(Nexus 5)の場合adb sideload 7ed504f678cea49ecf0974e8cd956e2974e3f943.signed-hammerhead-KOT49E-from-KRT16M.7ed504f6.zip

STEP8:表示が、”sending: ‘sideload’ 100%”になると、自動的に端末側でアップデート処理が実施されるので、しばらく待ちます。STEP9:“Install from ADB complete”と表示されたら完了です。”reboot system now”にカーソルを合わせて電源ボタンを押し再起動します。手動アップデートの操作は以上で完了です。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「Xperia Z1 f SO-02F」を12月19日に発売
Google TakeoutでGmailとGoogleカレンダーのデータがダウンロード可能に
2013年10月の米国スマートフォン市場、Motorolaのシェアがわずかながらも回復

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP