ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Cal : 定番のToDo管理アプリ「Any.Do」提供元が開発した、美しく操作しやすいUIを備えたカレンダーアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

定番のToDo管理アプリ「Any.Do」の開発元が、Android向けにカレンダーアプリ「Cal」をリリースしました。アプリは無料です。対応機種はAndroid 4.0以上を搭載した端末。Calは、GoogleカレンダーやMS Exchange、Outlook、ヤフー、AOL、iCloudのほか、同社のToDo管理アプリ「Andy.Do」と連動するカレンダーアプリです。特徴はその美しい外観とジェスチャー操作で表示を切り替えられる操作性の良さだと思います。カレンダーアプリにギャラリーの要素と取り入れたこれまでの常識を覆すようなUIを採用し、画面上を上下にスワイプすることでカレンダービューを週と月で切り替えることができます。また、左右にスワイプすることで現在のカレンダービューに応じて日/週/月、予定リストを切り替えられます。残念ながら、リリース版は日本語に対応していません。Any.Doは日本語に対応しているので、今後対応すると思います。「Cal」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
8.3インチフルHDディスプレイを搭載した「LG G Pad 8.3」が本日発売
ASUS、「Padfone mini 4.3」の発表イベントを12月11日に開催
CyanogenMod 11(Android 4.4.1)から開発方針が変更、まずはNexusデバイスにMビルドを配信へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP