体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの人気ゾンビ作品がゲーム化! 12月5日発売『ウォーキング・デッド』をプレイしてみた[レビュアー:いいちこ君]

PS3『ウォーキング・デッド』ゲームレビュー

12月5日に発売となったPS3タイトル『ウォーキング・デッド』を、ゲーム実況者のいいちこ君さんにレビューしていただきました。

PS3『ウォーキング・デッド』ゲームレビュー/いいちこ君

世界中で大ヒットしているシリーズドラマ『The Walking Dead(ザ・ウォーキング・デッド)』。その原作となるグラフィックノベルをゲーム化した今タイトルは海外では既に発売されており、『Spike TV Video Game Awards』の“VGA2012 ゲームオブザイヤー”など数々の賞を受賞している注目度の高いゲームとなっています。
そんな『ザ・ウォーキング・デッド』が遂に日本にも登場ということで要チェックです!

PS3『ウォーキング・デッド』ゲームレビュー

ゲーム版の『ウォーキング・デッド』

このゲームは、原作の『The Walking Dead』を見たことがない・知らないといった人でも楽しめる作品となっています。原作とは違ったゲームオリジナルのストーリーを、自分が登場人物の一人となって作り上げていくようにプレイしていく今作は、まるで映画やドラマのような演出も魅力のひとつです。

PS3『ウォーキング・デッド』ゲームレビュー

プレイヤーはオリジナルキャラクターである大学教授の“リー・エヴェレット(Lee Everett)”となり物語を進めていく、アクションアドベンチャー形式のゲームとなっています。原作と共通するキャラクターも出てくるので、原作を知っている方はよりストーリーに引き込まれるかもしれません。

突然の崩壊と少女との出会い

PS3『ウォーキング・デッド』ゲームレビュー

このゲームの主人公“リー・エヴェレット”はなんと殺人犯です。ジョージア州立大学教授だった主人公は、妻の浮気相手だった州議会上院議員を殺害した罪で刑務所に移送される途中でした。移送中、パトカーの中で他愛もない会話をする警官とリーなのですが、無線や外の様子が次第に騒がしくなってきます。そんな時、一匹の“ウォーカー”(『The Walking Dead』のゾンビ)がパトカーの前に飛び出してきて、投げ出された警官は“ウォーカー”へと変貌してしまいます。周囲にも無数の“ウォーカー”が潜むなか、“リー”は必死に逃げ込んだ先の家で両親の帰りを待つ少女“クレメンタイン”と出会います。そして、この崩壊した世界で“リー”と“クレメンタイン”の物語が始まっていくのです。

『ウォーキング・デッド』の主な操作方法

PS3『ウォーキング・デッド』ゲームレビュー

操作方法は左スティックでキャラクターを操作、右スティックは主にカーソル移動になっています。右スティックのカーソルで調べたいポジションやキャラクターにポイントを合わせ、表示されたアイコンを選択することで、アイテムを調べたり会話をすることができます。時には戦闘のシーンで右カーソルを素早く敵に合わせ攻撃するなど、緊張感があるシーンもあります。筆者である私はこのような操作方法のゲームはあまりプレイしたことがなかったのですが、操作にはすぐ慣れ、難なくプレイすることができました!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。