ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

声優陣が豪華すぎる深夜アニメ『義風堂々!! 兼続と慶次』 クライマックスに向け更なる大物声優も登場?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

隆慶一郎先生の歴史小説『一夢庵風流記』を原作とした、原哲夫先生の名作漫画『花の慶次 ―雲のかなたに―』。そのスピンオフ作品である『義風堂々!! 兼続と慶次』のアニメが現在放映中である。

主人公の直江兼続役が浪川大輔さんで前田慶次役は佐藤拓也さん。関智一さんや置鮎龍太郎さんをはじめとして若手や中堅どころの人気・実力派声優も多数出演し、ベテラン・大御所声優においても

郷田ほづみさん
山寺宏一さん
阪脩さん
柴田秀勝さん

とキャスティングを見ただけでもクラクラするような豪華声優陣となっている。おまけに、なぜかナレーションは主題歌も担当している吉川晃司さんである。

参考記事:主題歌・吉川晃司で漢の漫画『花の慶次』のスピンオフがアニメ化! アニメ『義風堂々!! 直江兼続 ~前田慶次酒語り~』クロスレビュー[6.5/10点]
http://getnews.jp/archives/371857[リンク]

10月26日には、郷田ほづみさん(@HOZMIX)が『Twitter』にて

「先日の現場は凄かった。番組の後半パートのほとんどを、羽佐間道夫さんと柴田秀勝さんと俺の3人で喋った。刺激になったなあ。久々の若手気分。」

とツイートし話題になっていた。

海外ドラマか外国映画の吹替現場の可能性もなくはないが、多分に郷田さんと柴田さんが出演しているこの番組のことを指しているのではないかと推測する。郷田さんと柴田さん、それに羽佐間さんが加わるとなれば“銀河声優伝説”とも呼ばれた銀英伝なみの豪華さ。前回の放映まで、まだ羽佐間さんは登場しておらず、クライマックスに向けた明日以降の回に登場するのではなかろうか。期待が高まるところだ。

※画像は『義風堂々!!』のサイトより引用

カテゴリー : エンタメ タグ :
Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP