ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年11月25日~12月01日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年11月25日~12月01日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:水瓶座

新しいことを学んだり覚えたりするのに最適なとき。さまざまなことを吸収し自分の力にすることによって今後の自信にもつないでいけるでしょう。興味を持ったことには積極的に関わって吉。ただし傲慢な態度や不遜な言動は周囲の不興を買い協力者を減らすことに。

第2位:天秤座

金銭運が上昇。がんばったぶんだけの見返りは期待できそうです。また入ってきたお金を貯蓄や運用にまわすのも吉。ただし真面目にやってこなかった場合そのツケを払わされることになるかもしれません。また恋愛運は下降気味。過ぎたことを掘り返すのは禁物です。

第3位:魚座

吉凶混合の週となりそうです。できるだけ吉のほうに導くためには等身大の自分であることを心掛けましょう。また過ぎた高望みは運気を下げることになるので注意が必要。ラッキーパーソンは同じ趣味を持つ人。趣味の分野だけではなく現状打破のヒントが得られそう。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/462236 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:蠍座
感情によって言動が乱れやすい週となりそうです。できるだけ常識や体面を気にして注意を払うようにしましょう。自分が楽しむことよりも相手を思いやることが運気の上昇につながります。あまり合理性ばかり追求して感情を斟酌しないのは対立を生むことになりそう。

第5位:乙女座
今週のラッキーワードは太陽。日の光をしっかり浴びることが運気アップにつながりそう。家にこもっていないで積極的に外に出るようにしましょう。気分転換の散歩など吉。ただし対人運が不調気味なので人の輪を広げるのは控えておいたほうが良いかもしれません。

第6位:牡羊座
自信過剰な言動は友情に亀裂を入れる要因になりかねないので慎んで。自分から発信するより受信する側にまわったほうが吉。睡眠不足はあらゆる失敗を招くことにつながるので規則正しい生活を心掛けましょう。自己コントロールが今週の吉凶の分かれ目になりそう。

第7位:双子座
咄嗟の機転が功を奏して高い評価につながりそうです。ただし嘘や誤魔化しは禁物。ひとつの物事をいろんな角度から見るよう心掛けることが成功の鍵となるでしょう。直感力が鈍っているときなので大きな行動や決断は先送りにしたほうが良さそう。風邪に注意して。

第8位:射手座
計画性のなさが失敗の要因に。物事を始めるときにはまずきちんとした計画を立てることからスタートしましょう。焦ったり周囲をあてにするのは控えて吉。地道にこつこつと積み上げていくことで道筋が見えそう。また注意や警告は真摯に受け止めることが肝要です。

第9位:蟹座
さまざまなことへの興味がふくらむとき。しかし何事も最初からうまくいくことを期待してはいけません。また物事を始めるにあたっては念入りな準備をすることが失敗を回避する秘けつとなるでしょう。連絡ミスをしやすいときでもあるのでこまめにチェックすること。

第10位:獅子座
何事によらず自己完結しないできちんと話し合うこと。より多くの情報を得ることにより不安は払拭される見通しです。過ぎたことにいつまでも拘泥するのは運気を下げることにつながるので注意。月末は金欠のピンチに陥りそうなのでお金の使い道は慎重に見定めて。

第11位:牡牛座
対人運に陰り。相手の言葉や態度を気にし過ぎてひとりで空回りして人間関係にヒビを入れてしまう傾向にあるようです。ありのまま受け入れる素直さを大切に。また疑い深くためらっている間にチャンスを逃してしまう可能性が。ここぞというときは思い切りも大切。

第12位:山羊座
運気は低調傾向に。トラブルの発生や思わぬ横やりにうんざりするかもしれません。少しでも回避するためには事前に打てる手をしっかり打っておくことです。またこの低調期を悪いほうにとらえるのではなく今後の糧になると前向きに考えるのも運気アップへの近道。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP