ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4(KRT16S)では、「端末の暗号化」機能に関する重大なバグの修正が行われている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今週リリースされた「Android 4.4(KitKat)」のバグフィックス版「KRT16S」ビルドの変更内容が判明しました。KRT16Sビルドでは、Android 4.4のリリースビルドとなるKRT16Oで発生した「端末の暗号化」機能に関する重大なバグの修正が行われています。Android 4.4で、「Scrypt」と呼ばれるセキュリティ性を高める新しい鍵導出関数(Key Derivation Function、KDF)が導入され、Android 4.3までの端末がAndroid 4.4にアップグレードする過程で「端末の暗号化」機能にもScryptが使用されるようになるのですが、KRT16Oにおいて、KDFのアップグレード過程でパスワード/暗号化キーの検証処理が行われず、その結果、古い方式の下で「端末の暗号化」を実施した場合、誤ったパスワードを入力すると全データにアクセスできなくなる、という問題が発生しました。問題の性質からAndroid 4.3→Android 4.4(KRT16O)にアップグレードした場合にこの問題が発生する可能性があるので、Android 4.3の環境で「端末の暗号化」を行った状態でAndroid 4.4(KRT16O)へのアップグレードを実施した場合は早急にJKRT16Sビルドにアップグレードすることをお勧めします。KRT16Sではこのほか、Nexsu 7(2012)のモバイルデータ通信モデルにおける無線通信機能の改善、Nexus 4におけるWi-Fiドライバの更新やいくつかの携帯キャリアのAPNに関する調整も行われています。Source : Funky AndroidXDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 5用かもしれないアルミフレームの写真が流出
Google、米国で12月7~8日にChromecast関連のハッカソンを開催、何かの発表に期待
上海問屋、青色LEDでキーが光るiPhone/iPad/Android対応の小型Bluetoothキーボード「DN-84457」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP