ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京セラがNTTドコモにタフネス仕様のスマートフォンを投入するという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京セラがNTTドコモに同社のスマートフォンを投入すると朝日新聞デジタルが報じています。遂にNTTドコモから京セラスマートフォンが発売されるようですね。NTTドコモから京セラスマートフォンが発売されるといっても、一般商品者向けではなく法人向けに販売されるそうです。投入モデルについては、米Sprintで発売された「Kyocera Torque(トルク)」をベースにしたタフネス仕様の機種とされています。Kyocera TorqueはG’zOneのような頑丈設計の筐体に、4インチWVGA解像度のIPS液晶とSanpdragon S4 MSM8960 1.2GHzデュアルコアプロセッサを搭載したLTE対応のAndroidスマートフォンです。CEATEC Japan 2013において「米国メディアパネル・イノベーションアワードMobile Technology部門賞」を受賞した注目の1台。耐久性はMIL-STD-810G準拠の耐衝撃、耐振、耐塵、耐湿、耐圧のほか、IPX5/X7の防水、IP6Xレベルの防塵にも対応。米国版はSprintのCDMA2000ネットワークの中でグループ通話が可能なPush-to-Talkサービスにも対応しており、建設業などの屋外作業に従事される方を中心に人気を得ています。Source : 朝日新聞デジタル



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 4をAndroid 4.3(JWR66Y)からAndroid 4.4(KRT16S)に更新ファイルを使い手動でアップデートする方法
Android版「Chrome Beta」がv32にアップデート、ホーム画面ショートカット機能が復活、Vibration APIも追加
LGは独自のモバイルプロセッサ‟Odin”でクアッドコア版とオクタコア版を開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP