ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

一眼レフをイメージした超小型ボディのデジタルカメラ『PENTAX Optio I-10』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

0241941_01


HOYAは、一眼レフカメラをイメージしたクラシックなデザインの小型ボディのデジタルカメラ『PENTAX Optio I-10』を2月下旬に発売します。犬や猫の顔も検出可能な顔検出機能をはじめとする多彩な機能を備え、さまざまな撮影を楽しく簡単に行えるコンパクトデジタルカメラです。

201001-02b

レトロな一眼レフカメラのようなユニークなデザインを採用。ストロボやスピーカーなどをボディ上部の中央部分に配置し、両サイドの高さを抑えることで一眼レフのように中央部だけが盛り上がったフォルムを実現しました。ボディ前面には、手触りがよく質感のあるシボ加工をほどこし、中央よりに配置したレンズユニットや正面上部のPENTAXロゴなど、細部まで一眼レフのイメージを作りあげています。

最大32人、最短約0.03秒と高速で『小顔フィルター』などの応用機能を備えた人物の顔検出に加えて、犬や猫の顔にも対応した最新の顔検出機能を搭載。3匹までペットの顔を登録することができるので、ペットの“いい顔”を簡単にキャッチすることができます。有効画素数は約1210万画素。焦点距離5.1~25.5mm(35mm換算で約28~140mm相当)の光学5倍ズームレンズを搭載し、狭い場所での集合写真から広大な風景まで、さまざまな撮影シーンを幅広くカバー。インテリジェントズームを使えば、最大約31.3倍まで光学ズームと変わらない画質で撮影できます。

201001-01b

望遠撮影やストロボOFF撮影、夕暮れ時の風景など、手ブレを起こしやすい環境でもシャープな画像が得られる撮像素子(CCD)シフト方式の手ブレ補正機構を搭載。シャッタースピード換算で最大約2.5段分に相当する高い補正効果を可能にしました。また、被写体の明るさに応じて、最高でISO6400の高感度まで自動的に感度を変更する『高感度ぶれ軽減モード』を使えば、光が不足する撮影シーンでも速いシャッタースピードで撮影が可能です。

高画質なHD動画の撮影にも対応。1280×720(16:9)ピクセルで30fps(フレーム/秒)の撮影ができます。撮影した動画から静止画を抽出したり、最初と最後にタイトル画像の追加を行うなど、さまざまな編集機能も装備しています。サイズはW100.5×H65.0×28.0mm、重さ153g(電池、SDカード含む)、カラーはパールホワイトとクラシックブラックの2色です。カメラを水平に下げて持ち歩ける、両吊りストラップの付いた専用の速写ケース(『O-CC102』別売り)も用意されています。価格はオープンです。
 
 

■関連記事
オリンパス、光学7倍ワイドズーム搭載の『μ-7040』などコンパクトデジタルカメラ3機種を発売へ
ファッションブランドとのコラボモデル登場『GR DIGITAL III×STUSSY』
懐かしい写真が撮れる! 世界最小クラスのデジタルカメラ『EXEMODE SQ28m』発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。