ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Tegra 4iを搭載したスマートフォンは早くても2014年初旬にしか発売されない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NVIDIAが今年2月のMWC 2013で発表した同社初の通信モデム内蔵型Tegraプロセッサ「Tegra 4i」の発売は来年に持ち越しになる模様です。米国で11月7日に開かれたNVIDIAの2013年Q2決算説明会で、同社のCEOを務めるJen-Hsun Huang氏が、 “モデム機能を統合したTegra 4iは来年の第1四半期に公式リリースする予定である”として、”遅くとも第2四半期中には出荷されるだろう”と述べました。Tegra 4iは、TSMCの28nmプロセスで製造される”4-PLUS-1”アーキテクチャーを採用したCortex-A9ベースのスマートフォン向けSoC。NVIDIAのロードマップ上で”Grey”のコードネームを持つSoCがTegra 4iで、最大2.3GHz駆動のクアッドコアCPU、60コアのGeForce GPUのほか、GSM/EDGE、WCDMA、HSPA Cat 24、TD-SCDMA、LTE cat 4 (FDD/TDD)対応のマルチモードモデム「i500」を搭載しています。Source : PCWorld



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、NFC対応のエントリーモデル「Galaxy Core Plus(SM-G3500)」を発表
米Mad CatzのAndroidゲーム機「M.O.J.O」にNVIDIAのGameStream機能が追加される見込み
Sony Mobileの台湾スマートフォン市場シェアが20%を突破、Xperia Z1が好調、2014年にはLTE対応機種を積極的に投入

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP