ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、SMS/MMSの送受信に対応したAndroid版「ハングアウト(2.0.122)」をGoogle Playストアにリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが先週提供を発表した「ハングアウト」のSMS統合版(v2.0.122)をGoogle Playストアにリリースしました。今のところ、アプリは日本のGoogle Playストアでは配信されていないようですが、いつも通り、数日中には配信されると思います。ハングアウト v2.0では、SMSとMMSの送受信機能(Android 4.0以上を搭載した端末のみ)、チャット画面で位置情報とアニメーションGIFを投稿する機能が追加されています。SMSとMMSの送受信に対応したので、Android 4.4(KitKat)ではハングアウトをデフォルトのメッセージアプリとして設定することもできます。SMS/MMSの送受信設定は、「設定」→「SMS」→「SMSをONにする」にチェックを入れると有効になります。v2.0では上記以外にも、チャット中に今の気分を絵文字で表示する「ムード」設定機能が追加。チャット相手がパソコンとモバイル端末のどちらを使用しているのかをアイコンで表示するようにもなりました。使用デバイスの種類が分かると文字を入力している時間が長くても「スマートフォンだから仕方ないな」とイライラすることが減ると思います。「ハングアウト」(Google Playストア)、apkファイルダウンロード先



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、11月13日にGogole Nowの新機能を発表?
OPPO、自社のスマートフォンにカスタムROMを搭載した「OPPO N1 CyanogenMod Edition」を12月に発売
Feedlyがログイン認証方法にGoogle+サインインを採用

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP