ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

黒いだけのタイヤは古い LACタイヤプリンターでドレスアップ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

クルマを買うときの大きなポイントはデザインです。ボディの色やホイールにはこだわります。しかし、タイヤは黒が常識だと考えられていました。カスタムする人もボディへのカスタムペイントは考えますが、タイヤをカスタムする人はいません。更に、タイヤの扁平(へんぺい)率を下げて黒い部分が目立たないようにする方法も取られています。

好きな画像をタイヤに印字できる『LACタイヤプリンター』

「タイヤは黒」という常識が変わります。『LACタイヤプリンター』を使えば好きな画像をタイヤに印字することができます。大量生産のように版を作る必要がないため、タイヤ一本から施工が可能です。これでボディー色に合わせたタイヤをコーディネートすることができ、より自由なカスタムが可能になります。

インクはゴムに近い性質を持ったもので、タイヤの収縮運動に耐えることができます。印字は人の爪で擦った程度では剥がれることがなく、縁石などを強くこすりゴムが削れるほどの圧力をかけなければ剥がれないほどの耐久性です。寿命は使い方や環境にもよりますが、二年程度と長めです。

ドレスアップ以外にも運送会社や営業車の広告としても活用可能です。タイヤの位置は低いので、子どもの目線に一致します。子供向けのPRや注意喚起などにもいいですね。タイヤを大量に管理している事業者であればタイヤ盗難などのセキュリティ対策にも活用できそうです。

ほかの商品としてはトラックの“ボディ”に印字するプリンタもあります。カッティングシートとは違い、直接画像データを印字できるので自由度が非常に高いです。

 

『LANタイヤプリンター』にセットされたタイヤ

 

有名運送会社をイメージした印字サンプル

 

『LACタイヤプリンター』で印字されたタイヤと同社のプリンタで印字された”トラックボディ”

 

詳細情報

・任意の画像を印字可能(Photoshopが受け入れ可能な形式全て)
・Photoshop形式のファイルを、専用制御ソフトに入力して印字する仕組み
・Windowsのプリンタ扱いではなく、専用制御された機器扱い(ファイルメニューのプリンタには現れない)

 

 

取材動画(Youtube)
http://www.youtube.com/watch?v=rO7SAJPs2VY

 

LACタイヤプリンター(公式商品案内)
http://laccorp.com/tire/tire_jp.html

 

写真はすべて筆者撮影(東京トラックショー)

※この記事はガジェ通ウェブライターの「寺平長由」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP