ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「NFCタスクランチャー」が「Trigger」に改称、タスクに複数のトリガーを設定することや、トリガーが有効となる条件を設定することも可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高機能なタスク自動化アプリ「NFCタスクランチャー」がv8.0にアップデートされ、名称が「Trigger」に変更されました。NFC以外のトリガーでタスクを実行できるようになっていることからアプリの機能に合った名称に修正したのでしょう。今回のアップデートでは名称変更のほかに、タスク実行機能にも拡張が行われています。拡張内容は、タスクに対して複数のトリガーを設定できるようになったことです。設定タスクを複数の条件で実行できるようになります。また、トリガーが有効となる条件を設定する機能も新たに追加されました。アラーム時計と同様に曜日や日数を指定したり、時間帯で実行することのほか、Wi-Fi機能をトリガーに設定した場合は特定のWi-Fiアクセスポイントに接続したときに有効にすることもできるようになっています。「Trigger(旧NFCタスクランチャー)」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexusスマートウォッチの量産が1か月以内に開始される見込みとの報道
Xperia Z1(C6903)が韓国で認証を取得
RUNNETからマラソン大会を検索できる公式Androidアプリ「どれ走る?」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP