ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Dolphin Browser」にログイン情報を保護するマスターパスワード機能が追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モバイル向けブラウザアプリ「Dolphin Browser」の日本語版が10.1.1JPにアップデートされました。今回のアップデートで、WEBサイトのログイン情報を保護する「マスターパスワード」機能が追加されました。これまでDolphin BrowserでWEBサイトにログインした後にパスワードを保存することを選択すると、次回からID/パスワードを入力しなくてもログインできて便利なのですが、その反面、端末を紛失したなどで誰かの手にわたってしまうと簡単にアカウントページを見られてしまう危険性があります。そういった時に役立つのがマスターパスワードです。マスターパスワードは、Dolphin Browserが保存したログイン情報をパスワードで保護する機能のことで、ログイン情報を保存したWEBサイトでもセッションが一度切れるされると再度マスターパスワードを入力しなければログインできなくなります。ログイン操作は面倒にはなりますが、万が一の場合に役立つと思います。このほか、画面左右隅に表示されるイルカアイコンの「ドルフィンキー」を中央にスライドするとメニューバーにページの更新ボタンと戻るボタンが追加。パスワード同期オプションが削除。HTC Oneのメニューバー(3ドット)とAndroid 4.0以上のナビゲーションバー上の3ドットメニューも廃止されています。「Dolphin Borwser日本語版」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
ブラックメタルバンド仕様のSmartWatch 2がXperia Shopで発売中
「J:COM」が11月よりスマートフォンやタブレットと連携したスマートTVサービスを開始
Vivo Xplay 3Sのディスプレイサイズは約5.7インチ(2,560 x 1,440ピクセル、515ppi)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP