ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あゆ約3年ぶりの新曲に、ハローキティ、小室哲哉、m-floが制作参加!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


画像はYoutube official channel 「Feel the love」(先行short ver.) のスクリーンショット
歌手の浜崎あゆみさんが約3年ぶりとなるニューシングル「Feel the love / Merry-go-round」を2013年12月25日にリリースすることが明らかになった。

期待のかかる3年ぶりの新曲、その全貌とは?

浜崎さんが新曲を発売するのは2010年9月リリースの「L」以来、約3年ぶり。気になる会心の新作は、書き下ろし新曲2曲入り両A面シングル。
画像は公式HPよりDJ Hello Kitty

そして今回発売される、新曲「Feel the love」は〝DJ Hello Kitty〟による世界初となるサウンド・プロデュース作! DJ Hello KittyとはエイベックスアーティストとしてDJ活動を展開する、世界中に熱狂的ファンを持つあのハローキティのこと。そしてそのサウンドは、アメリカを中心に全世界を席巻している〝EDM(Electric Dance Music)〟直系の世界標準サウンド。EDMとはエレクトロニック・ダンス・ミュージックの略称で、現在世界中でブームを巻き起こし、音楽の一大ジャンルを築いている。音楽的にはかなり広義なダンス・ミュージックとされるが、ハウス、ダブステップ、テクノなど、エレクトリックで踊れる音楽すべてを指すとのこと。EDMアーティストとしてはデヴィッド・ゲッタさんや、スウェディッシュ・ハウス・マフィアさん、アヴィチーさん、Skrillexさんなどがその代表格として知られている。

小室哲哉、m-floなど豪華なクリエイター陣

そんな、世界を見据えた新曲「Feel the love」の作曲を手掛けたのは小室哲哉さん! 小室さん独特のキャッチーなメロディと見事な融合を果たしたアップリフティング・チューン(気分が上がるようなトランスのこと!)に仕上がっているとのこと。

そしてもう1曲は日本が世界に誇るプロデュース・ユニットm-floがサウンド・プロデュース!☆Takuさんが創り上げたフロア志向、かつ、親しみやすいメロディで奏でられたトラックにVERBALさんのRapも加わり、浜崎さんの新たな魅力が引き出された極上トラックとなっている。

さらにどちらも、名だたるUSトップ・アーティストのヒット曲を数多く手がけるエンジニア、Jaycen Joshuaさんがミックスし、NYの新進気鋭のエンジニアDave Kutchさんがマスタリングした、一切の妥協無しという本格サウンド!

DVDにはL.A.で撮影を敢行したミュージック・ビデオ2本を収録。さらにオフィシャル・ファンクラブ“TeamAyu”会員限定盤は浜崎さん自身による楽曲インタビューが収録されたスペシャル仕様となっている。

約3年ぶりというファン待望のこの新曲。ハローキティーに小室哲也さん、m-floという豪華面々の手掛けるサウンドには期待も大きい。また、EDMという今話題の音楽ジャンルが日本の音楽シーンに新しい風を吹き込むことにも期待したい。まずは、Youtubeのオフィシャルチャンネルにアップロードされた「Feel the love」(先行short ver.)を聞いてリリース日を待とう。

浜崎あゆみ / Feel the love (先行short ver.)


関連商品



ayumi hamasaki 15th Anniversary TOUR ~A(ロゴ) BEST LIVE~

浜崎あゆみ
発売 : 2013年9月18日
価格 : 3,150円(税込み)
発売元 : avex trax

関連記事

声優・日笠陽子コラボレーションアルバムに、小室哲哉が楽曲提供で参加!
ageHaで開催される音楽祭「あきねっと」の出演者が判明! 川田まみや黒崎真音ら
Daichi × AFRA対談 口だけであらゆる音を刻む、ヒューマンビートボックスの未来
小室哲哉×八木沼悟志(fripSide)作曲! 『とある科学の超電磁砲S』新OPテーマが決定
livetune feat.初音ミクによる名曲、新作PV公開! 6,800万円の村上隆作品「Miss Ko2」も映像化

関連リンク

ayumi hamasaki(浜崎あゆみ) official website
浜崎あゆみ Feel the love (先行short ver.) – YouTube

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP