ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

息子を高速道路に置き去りにした母親『保護責任者遺棄』の罪で逮捕…息子は無事に保護

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

桜塚やっくんの事故死により、高速道路で車外に出る危険性が改めて注目されている昨今。一歩間違えれば大惨事という事件が、先週テキサス州ヒューストンで発生しました。運転中の母親(34歳)が口論になった息子(10歳)を高速に置き去りにし、徒歩で帰宅するように命じたのです。

FOX Newsによると、車内での言い争いでイライラが頂点に達したアンジェラ・ガルシア容疑者は、インターステート45号線に息子を残し、そのまま走り去ったとのこと。子どもが高速を歩いている異様な光景を目撃した人の通報により、子どもは無事に保護されました。

高速道路の路肩という危険地帯を15分歩かされた子どもですが、保護当時(20時30分頃)はとっくに日が落ち、見通しが相当悪かったそうです。警察関係者は「45号線は交通量が多く、先月も多くの死亡事故が起きていた。子どもは本当に危なかった」と当時の状況を語っています。

「行き過ぎた罰」を与えたガルシア容疑者は、逆に「保護責任者遺棄の罪で逮捕」という形で罰せられ、地元の拘置所に送られました。事件後、息子と車に同乗していた兄弟は、無事に父親の元に返されたとのこと。それぞれはいったい何を思っているのでしょうか。

画像: 事件を伝えるFOX Newsのキャプチャ
http://www.foxnews.com/us/2013/10/09/texas-boy-10-ordered-to-walk-on-freeway-as-punishment/[リンク]

※この記事はガジェ通ウェブライターの「綾瀬 新」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP