ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android 4.4“KitKat”に新ホームアプリ「Google Experience Launcer」を導入?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.4“KitKat”に関する新たな流出情報がAndroid Policeで伝えられていました。今回はAndroid 4.4で標準ホームアプリが「Google Exprience Launcher」に変わるという噂です。上図はAndroid 4.4でウィジェットを作成する際に表示されるアクセス許可の確認画面です。テキストの中に“Google Experience”の文字を確認することができます。通常このメッセージの“Google Experience”の部分はホームアプリの名前になるので、“Google Experience”がホームアプリの名前になると考えられます。これとは別に、Nexus 5のログファイルの中にパッケージ名「com.google.android.gel」のホームアプリ「GoogleHome.apk」も見つかっており、「Google Experience Launcher」が正式な名前になるという見方も伝えられています。また、“Google Exprience Launcher”は内部的に「com.android.launcher3」を参照していたそうです。Android 2.0~Android 4.3までの標準ホームアプリが「Launcher2(パッケージ名はcom.android.launcher2)」だったので、“Google Exprience Launcher”は内部的にv2からv3にバージョンアップしたホームアプリをベースに開発されたものとみられています。Googleはここ数年の間でAndroidの標準アプリとしていた同社サービスの公式アプリを「com.android.xxx」というパッケージ名から「com.google.android.xxx」というパッケージ名に変更してGoogle Playストアに公開してきました。今回のホームアプリも同様に「com.google.android.xxx」のパッケージ名を使用していることから、Google Playストアに公開される可能性があります。Source : Android Police



(juggly.cn)記事関連リンク
Adreno 420を内蔵した「AQP8084」のAntutuスコア?
Android版「Outlook.com」がアップデート、テーマ機能やサーバサイドのメール検索、エイリアス変更機能などが追加
Samsung、「Galaxy S 4 Zoom」を韓国3キャリアを通じて発売へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP