ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、5インチフルHDのIGZO液晶を搭載した「AQUOS PHONE ZETA SH-01F / SH-01F DRAGON QUEST」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは10月10日、ドコモスマートフォンの2013年冬モデルとして、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」を発表しました。発売時期は2013年11月上旬です。SH-01Fは「AQUOS PHONE ZETAシリーズ」の4代目となる機種です。冬モデルではSH-01Fをベースにスクエア・エニックスとコラボしたドラクエ仕様の「SH-01F DRAGON QUEST」も発売されます(12月上旬発売予定)。ディスプレイは5インチ1,920✗1,080ピクセルのIGZO液晶を搭載。新開発のカラーフィルターと高輝度LEDにより、屋外でも見やすく表示も鮮やかになったとされています。また、省電力が売りのIGZO液晶と独自エンジン「FEEL artist」、3,000mAmバッテリー、節電アプリ「エコ技」の組わせにより、フル充電で3日は持つとされています。プロセッサはSnapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコア、RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は32GB、Micro SDカードも利用可能です。リアカメラは1,630万画素(裏面照射型CMOS)を採用しています。F1.9の明るいレンズと新機能の「NightCatch」により、暗い場所でもフレッシュ無しでSH-02Eよりも明るくブレの少ない写真を撮影できるとされています。このほか、本体を握ることでスリープから復帰させたり、着信音量を下げたりできる「グリップマジック」機能なども搭載しています。 OS:Android 4.2.2(Jelly Bean) サイズ:141mm × 70mm × 8.9mm、質量139g ディスプレイ:5インチ、解像度1,920×1,080ピクセル(Full HD)、TFT液晶、1,677万色 プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコア GPU:Adreno 330 メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 32GB 外部メモリ:microSD/microSDHC/microSDXC(最大64GB) リアカメラ:1,630万画素(裏面照射型CMOS、AF、F1.9レンズ、フラッシュ付き) フロントカメラ:210万画素(裏面照射型CMOS) FOMAハイスピード(HSPA):下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbps Xi(LTE):下り最大150Mbps、上り最大50Mbps 通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯)、Bluetooth v4.0、NFC(TypeA/B、FeliCa)、Wi-Fi Direct、DLNA(DTCP-IP対応) 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、micro USB(MHL対応) センサー類:加速度、ライト、デジタルコンパス、近接、ジャイロ、GPS/A-GPS、GLONASS対応 バッテリー:3,000mAh 待受時間:580時間(LTE)、700時間(WCDMA)、590時間(GSM) 通話時間:810分(WCDMA)、800分(GSM) 実使用時間:未定 カラー:ネイビー、ホワイト、レッド spモード:○ spモードメール:○ ドコモメール(クラウド):○ おサイフケータイ:○(FeliCa、NFC) かざしてリンク:○ ワンセグ:○ フルセグ:○ モバキャス(NOTTV):○ 赤外線通信:✗ 防水:○(IPX5/X7) 防塵:✗ テザリング:○(Wi-Fiは最大8台) おくだけ充電:× WORLD WING:○Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One Maxが台湾の空港で激写される、指紋認証機能に関するチュートリアル画像も流出
ファイナルファンタジーVIのAndroid / iOS版が今冬にもリリースされるらしい
NTTドコモ、ドラゴンクエストとのコラボモデル「SH-01F DRAGON QUEST」を12月に発売、Android版「ドラクエVIII」をプリインストール

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP