ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Disney Research、タッチスクリーン上で物体を立体的に感じることができる触覚レンダリングアルゴリズムを開発(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Disney Researchが、スマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーン上で物体を立体的に感じることができる触覚レンダリングアルゴリズムを開発したと発表しました。これは、タッチスクリーンの表面に3Dの幾何学的特徴(例えば、隆起、尾根、エッジ、テクスチャなど)をシミュレートするアルゴリズムで、例えば、タッチスクリーン上に表示した地図ではその地形をそのまま感触として感じることができるのだそうです。Disney Researchは、指が物体に触れると皮膚中の摩擦に敏感な機械的受容器によって感じる触覚の原理をベースにして、指先とタッチスクリーンの間の摩擦力を調整することで画面に物体の変化を幻覚として生み出せるという仮説を立てました。表示の勾配を摩擦にマッピングすることでタッチパネル上で隆起といった知覚を表現できるということです。Disney Researchはこの仮説を立証するために電気振動ベースの摩擦ディスプレイを用いたシステムを作成しました。このシステムを作成するにあたり、Disney Researchは電圧に対する摩擦抵抗を決定し、その後、表面の勾配に対して摩擦力が正比例するようにしました。これにより、タッチパネル上をなぞるとその表示部分の電圧が変化し、摩擦力も変化。それによって物体を立体的に感じることができるのだそうです。Source : ディズニー研究所



(juggly.cn)記事関連リンク
ネスレがAndroid KitKat人形を作成、免税店で販売されているらしい
XperiaスマートフォンのUIを様々なテーマに一括で変更できるカスタムテーマパックがXDA Developersで配布中(要root化)
HTC One 18金バージョンが英国で披露される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP