ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、「データシェア」と「先取り!データシェアキャンペーン」の対象機種に「4G LTE」対応パソコンを追加、10月15日より申込受付を実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは10月8日、毎月のデータ通信量をスマートフォンと共有できる新サービス「データシェア」と「先取り!データシェアキャンペーン」の対象機種に「4G LTE」対応パソコンも含めると発表しました。「データシェア」は、「4G LTE」対応スマートフォンと対応機種の1ヶ月のデータ通信量を分け合えるサービスで、スマートフォンの7GB/月と対象機種の2GB/月を合計した9GB/月をそれらの端末で共有できます。PCの場合は「LTEフラット for Data(m)」の月額利用料5,985円がサービスへの加入で2,992円に下がります(データ通信量は端末トータルで9GBになりますが・・・)。申込受付は2014年春の予定です。「先取り!データシェアキャンペーン」は、期間限定で実施される「データシェア」の先行リリース版で、対応機種を購入した際に、「スマホセット割」に申し込むことで、対応機種を最大3年間月額1,050円で利用することができます。「データシェア」では、対応機種のデータ量は2GB/月ですが、本キャンペーンでは、2014年6月末までは7GB/月のままです、それ以降は2GB/月に下がります。こちらの申込受付は2013年10月15日より実施されます。対応機種は当初「4G LTE」対応タブレットのみでしたが、今回の発表で「4G LTE」対応パソコンも追加されました。対応パソコンは今のところSonyの「VAIO Duo 13」のみです。Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia SPのAndroid 4.3アップデート、フランスでは12月中に実施予定
NTTドコモ、Android 4.1以上用の「spモードメール」アプリをv6800にアップデート
Galaxy Nexusで撮影されたAndroid 4.4“KitKat”のスクリーンショットが流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP