ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

うまくいく人といかない人は“イメージの仕方”が違う

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 うまくいく人とうまくいかない人というのはそれぞれいる。例えば、事業に成功する人と失敗する人。試験に受かる人と受からない人。なぜ、両者の結果が大きく分かれるのだろうか。普通の人からしたら、成功者のことを「あの人は不屈の精神の持ち主だ」といった風に見えるのかもしれない。でも、本当にそうなのだろうか。

 『心の壁の壊し方』(永松茂久/著、きずな出版/刊)では、著者である永松氏の実体験をもとに綴った本とDVDで、「心の壁を壊す」のに必要な「影響を受けること」「言葉の環境を変えること」「仲間をつくること」の3つのルールを紹介する。

 成功者だからといって、すべてがうまくいくわけではない。成功者は、それだけ行動を起こしているのだ。行動したことが多い分、当然、普通の人より失敗の体験も多い。
では、なぜ、成功者はめげずにチャレンジし続けることができるのか。

 うまくいく人も、そうでない人も心の構造は一緒だ。それでも両者に差が出てしまうのは、どこに違いがあるのか。仕事を通してたくさんの成功者たちを見てきた永松氏は、それは「どちらの体験を頭の中で選んでリピートしてきたか」にあると言う。
 うまくいく人は、人から褒められて輝いた瞬間など、常に過去の成功体験を思い出すことによって、成功したときの感情をリピートする。一方、うまくいかない人は、つらかったことや恥ずかしかったことなど、常に過去の失敗体験の記憶を思い出して、失敗した時の感情をリピートするという。
 頭の中には時間という概念がないため、繰り返し思い出すことは、まるで現実に起きていることのように錯覚する。これを何度も何度も繰り返し、その感情が記憶として強化されていく。うまくいく人、いかない人の違いは、「どちらの経験を頭の中で拾って強化しているか」なのだ。

 うまくいく人とうまくいかない人。実力や努力の差といったこと意外にも要因はあるようだ。がんばっているのにうまくいかないという人は、常にいいイメージを思い起こすことが必要なのだろう。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
心の余裕を持つための時間術
深く心に残る“古今東西の名句名言”
心のモヤモヤ・憂うつを減らす3つの方法

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP