ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z Ultra用のクレードル「DK30」が同梱の幅広アタッチメントに交換するとXperia Z1でも利用できることを確認

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia Z Ultra用の純正クレードル「DK30」は同梱の幅広のアタッチメントを利用すればXperia Z1でも利用できることを確認しました。Xperia Z Ultra用のマグネット式充電端子「DK30」は、スマートフォン本体を乗せる部分がアタッチメント式になっています。DK30にはスマートフォンケース無しの状態で装着できるようにするアタッチメントとケース付きの状態でも装着できるよう、溝の幅を広げたアタッチメントが同梱しています。前者のアタッチメントは溝の幅が狭くてXperia Z1に装着できませんでしたが、後者の幅広アタッチメントはXperia Z1にピッタリとフィットしており、問題なく利用できました。Xperia Z1をケース無しの状態で運用する場合、DK30はXperia Z1のクレードルとしても利用できることになります。Sony MobileはXperia Z1にもDK30に似た専用クレードル「DK31」を開発しており、それにもケース付き/無し用に2種類のアタッチメントが同梱しています。DK31のアタッチメントはXperia Z1専用設計なので、ケース付き野状態でXperia Z1を利用する場合は、DK31の幅広アタッチメントが必要になってきます。Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
LGが画面比4:3を採用した“Vuシリーズ”最新モデル「LG Vu 3」を発表、韓国で9月27日に発売
Huaweiは新SoCを搭載したAscend P6の改良版「P6S-U06」を開発中
中国 Smart DevicesがAndroid 4.3を搭載したスマートウォッチ「Z Watch」を中国で発売開始、価格はなんと699元(約11,300円)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP