ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホラー映画『インシディアス 第2章』全米大ヒットスタート! “マトリックス”ウォシャウスキー兄弟以来の快挙も

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2011年、低予算ながら全世界で9,700万ドルを超える大ヒットとなった映画『インシディアス』。『ソウ』で一躍ホラー界の寵児となったジェームズ・ワン監督が『ソウ』や『パラノーマル・アクティビティ』のスタッフと共に作り上げたこの作品は、そのラストの衝撃から、ファンがその後の展開を描く作品を待ちに待っていた作品。

監督、スタッフが再集結し、ファン待望の“その後”を描いた作品、『インシディアス 第2章』が先週9月13日(金)より全米公開となり、全米週末興行成績No.1を記録した。

13日の金曜日に合わせて公開された本作は、全米3,049スクリーンで公開され、週末三日間で4,105万ドル(約40億7,000万円/1ドル=99円換算)の成績を収め、週末成績NO.1のスタート。2位のリュック・ベッソン監督作『マラヴィータ』(原題:『The Family』)の1,400万ドルを大きく引き離し、また、1作目のオープニング成績である1,300万ドルの3倍以上となる成績で、9月のオープニング成績歴代2位に。

同じくジェームズ・ワン監督が手掛けた『死霊館』(原題:『The Conjuring』)も今年7月19日の全米公開時にNo.1スタートを切っており、同じ監督が同年のうちに複数の作品でNo.1スタートを切るのは、『マトリックス リローデッド』『マトリックス レボリューションズ』のウォシャウスキー兄弟監督以来の快挙である。

『インシディアス 第2章』は、来年2014年1月10日に日本公開。

『インシディアス 第2章』

前作『インシディアス』で、長男が昏睡状態に陥るなど、引っ越しをきっかけに“何か”に襲われたランバート一家。危機は脱したかに見えたが、呪われたランバート一家は霊の世界と繋がるきっかけとなった父親ジョシュ(パトリック・ウィルソン)の少年時代の秘密を探ろうとし、さらなる恐怖を体験することに・・・。

【関連記事】全米でホラー映画史上歴代7位の大ヒット! 鬼才×実話の超話題作『死霊館』予告編解禁
http://horror2.jp/1009

※画像は2011年公開の『インシディアス』。

カテゴリー : エンタメ タグ :
中村怖の記事一覧をみる ▶

記者:

思い返して、痛い痛い痛い……と指先の力が抜けていくような映画が好きです。よろしくおねがいします。

ウェブサイト: http://horror2.jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP