体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見て美しい! 食べて美味しい! 「フォション ミニ エクレア」はグルメ女子への手土産にばっちり

ミニエクレア とってるところ

美食トップブランド「フォション」。その追及された味わいにパリジェンヌはもちろん、紅茶好きの日本女性でも虜の方が多いのでは。そんな「フォション」からエクレアが登場。

秋の新作エクレアは、以前Otajoでもご紹介した「フォション」新作は“エクレア風味”のウーロン茶? ダイエット中のスイーツ代わりにも(http://otajo.jp/21777)【記事こちら】

こちらの新作フレーバーティー「チョコレートエクレアティー」からオマージュ。紅茶から発想がうまれて、それがまさにスイーツになったというエピソードが。

そんな素敵な秋の新作エクレアとフィンガーサイズの詰め合わせ“ミニエクレア”をオタ女編集部で堪能しましたのでみなさまにご紹介します。

秋の新作エクレア『チョコレートエクレア』

秋のエクレア

「チョコレートエクレアティー」から考案された秋の新作エクレア。金箔がのって金屏風のような美しいデザイン。味も秀逸で、一口食べると、チョコレートの香りと風味が口の中で何層にも広がります。甘さ加減が絶妙なチョコレートクリームが詰め込まれ、食べるととろけちゃいます。

ミニエクレア『エクレール 富嶽三十六景』

葛飾北斎

日本が誇る浮世絵師・葛飾北斎の作品『富嶽三十六景』がホワイトチョコレートにプリントされたエクレア。こちらは、シェフの「ニコラ・ジャンベール」氏が日本で『富嶽三十六景』の絵を見かけてインスパイアされてつくったエクレアなのだとか。

葛飾北斎 カットしたところ

浮世絵のイメージ「波=ラ・ヴァーグ」から、味をイメージ。中身のクリームは「ソルトチョコレートクリーム」。塩が効いてて美味。口の中で、ざぶーんっと波が漂うかのよう。

ミニエクレア『エクレール フランボワーズ』

エクレール フランボワーズ

フランボワーズ味のエクレア。デザインも「フランボワーズ」。フィンガーサイズでピンク色のエクレアは見てるだけでも可愛いです。

エクレール フランボワーズ

中のクリームには、フランボワーズのピューレがイン。甘酸っぱい酸味がくせになりそう。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会