体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1mの巨大やきとりにかぶつけ! 肉食系女子を超える“メガやきとり系女子”

生活・趣味

みなさん、やきとり好きですか?  東京・大手町にある日本初のご当地やきとりテイスティングパーク「全や連総本店 東京」で、なにやら巨大なやきとり「メガやきとり」を提供しているらしい、という情報が。早速問い合わせてみると、店舗メニューとしては世界最長級の長さと、地鶏・銘柄鶏を使用した豪華版なメニュー『メガやきとりⅡ』を9月から販売開始したそう。しかも特別価格1,980円とお手ごろ価格で提供しているようです。
これは肉食系女子にオススメなトピックス! どれほど“メガ”なものなのか、オタ女記者で食べに行って来ました。

大手町の駅に直結しているサンケイビルに入っている「全や連総本店 東京」。お仕事帰りに寄るのに便利な場所にありました。店内は開けた空間で広々としており、煙がもくもく、おじさんが並ぶカウンターのお店には入りにくい、という女子のみなさんも入りやすいお洒落な雰囲気。聞いてみると、やはり女性のお客さんもかなり多いそう。肉食系女子には嬉しいお店です。

さて、早速『メガやきとりⅡ』を注文。ちなみに今回のメニューは以前提供していた「世界一のメガやきとり」というメニューの第2弾企画です。“メガ”とは一体どのくらいのやきとりが来るのか、そわそわして待っていると……、

“ドーン!”と効果音をつけたくなるくらい巨大なやきとりが目の前に運び込まれてきました!  ひとかけが拳大ほどもある鳥肉たちが刺さった約1mの串を目の前にし、食べ切れるか一瞬不安になる筆者たち(女子)。

持ち上げてみるとズッシリとした重量感。約1.2kgあるという本体を串を持って持ち上げたかったのですが、この竹筒で支えていないと肉の重みで串が折れてしまうとのこと。なんというメガボリューム!(一番上の画像は、上部をうまく支えた告知用に撮影したものだそうです)

でも怯んではいられません。肉食系女子もとい、メガやきとり系女子なら勢いよくガブリとかぶりつきましょう。

そして豪快に噛みちぎる! 眠っていた野生の本能が呼び覚まされるような記者たち。
しかし意を決してかぶりついたのですが、驚いたことに肉がとても柔らかく、女子でもすんなり噛み千切れてしまうのです。大きな肉を目の前にしてテンションの上がっていた記者たちですが、「美味しい!」と肉の美味しさに人間としての感覚を取り戻しました。

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会