ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AllwinnerがCortex-A7ベースのタブレット向けデュアルコアSoC「Allwinner A23」を発表、10月より搭載製品が発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の半導体メーカー Allwinner Technologyは9月10日、同社の最新デュアルコアチップ「Allwiner A23」を発表しました。A23はCortex-A7を2基内蔵したCPUを持つタブレット向けのSoC。CPUの動作クロックは最大1.5GHz、GPUはMali-400MP2が採用されています。仕様は公表されていませんが、同社の前世代のSoCよりもパフォーマンスは向上した一方、消費電力は低下したとしています。AllWinnerはA23について、世界で最も消費電力の低いデュアルコアSoCとしており、音楽再生の場合、競合他社のデュアルコアSoC(Rockchipを指しているそうです)の半分の消費電力で動作すると述べています。同社によると、A23を採用した製品が既に開発されており、7インチ、7.85インチ、9インチのディスプレイを搭載したタブレットが2013年10月より順次発売されるのだそうです。今後目にする低価格タブレットやAndroidスティック・セットトップボックスを中心に普及しそうですね。Source : Allwinner Technology



(juggly.cn)記事関連リンク
今後リリースされるCyanogenModに動画キャプチャー機能とAirPlayミラーリング機能が追加される予定
3Dモデル化したNexus 5予想図が公開、WEBブラウザを使って様々な角度から外観を見れる
スマートフォンにも対応した自転車乗り専用のコミュニティサイト「チャリコレ!」がオープン

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP