ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【科学の教室】 地球の気温はどうなっているのか?(中部大学教授 武田邦彦)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回は武田邦彦さんのブログ『武田邦彦(中部大学)』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/417562をごらんください。

【科学の教室】 地球の気温はどうなっているのか?(中部大学教授 武田邦彦)

NHKや朝日新聞を見ていると、地球の気温は上がっているようにおもう。NHKと朝日新聞だけを見ている人に「気温は上がっていないよ」(事実)というと、イライラして怒る。

なんで、そんなことで怒るのかというと、彼らも心の中では間違った情報(自分にとっては心地よい)を受け取っていることをうすうす感じているに相違ない。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/09/kion.jpg

これは「地表の平均気温」だ。理由はさまざまだが、「この16年間、気温が上がっていない」のは確かだ。目盛りは14℃を基準にして描いてあり、ここで私が特に強調したいのが、「このグラフは専門家なら誰でも知っており、NHKや朝日新聞の担当記者も充分に知っている」ということだ。

それでも「最近の異常気象は地球温暖化のため」と放送する。「世界的な気温は10年ある状態が続けば、その影響はでる」とされていて、すでに16年だから、「最近、気温が上がっている(ウソ)だから、異常気象が起こる(ウソ)」というのはNHKと朝日新聞のウソなのだ。

科学は事実を無視して思想を選考させることに厳しくならなければいけない。そうしないと科学自体が崩壊する。「そんなにNHKを非難しなくても良いじゃない」というのは、科学ではなければ良い。

執筆: この記事は武田邦彦さんのブログ『武田邦彦(中部大学)』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年09月14日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP