ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

R&Rのレジェンド、リトル・リチャード引退!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ロックンロールの産みの親、引退

世間が宮崎駿氏の引退で騒然となっているなか、一人のレジェンドもまた引退を宣言しました。

彼の名はリトル・リチャードローリング・ストーン誌が選ぶ、『世界で最も偉大な100組のアーティスト』の堂々8位に選ばれた、まさに伝説的人物であります。

「Tutti Fruitti」はロックの産声

まだこの世にロックンロールがなかった頃、彼は生まれつきの合併症のせいで左右の足の長さの違う、皿洗いをしながらミュージシャンを夢見る青年でした。ゴスペル・ブギウギ・R&Bの影響を色濃く受けながらも、独自のヴォーカルを決して崩さない彼の音楽スタイルは、すぐには世間に受け入れられなかったそうです。

そんな彼に転機が訪れたのは1955年のこと。皿洗いをしながら思いついた下記のフレーズを、イントロにアカペラでのっけた曲がきっかけでした。

“”A-wop-bom-a-loo-mop-a-lomp-bom-bom!!
Tutti Frutti, good booty”

この曲は当時のアメリカで100万枚売れ、1956年には「Long Tall Sally」が米英のポップチャートでトップ10に入るほど。
一気にロックンロールの創始者の一人となり、大スターになったのです。

http://www.youtube.com/watch?v=X7pjP_XkK4Uより引用

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=QFL047fmsggより引用

どうですか、このノリノリ感。
映像は古くとも、曲はまったく古びていません。腰が、肩が、足が、自然と踊っていませんか?

実際、ロックンロールの創始者は一人にはしぼれませんが、、ロックンロールが『Tutti Fruitti』『Johnny B Goode』のおかげで大きくなったことは事実だと思います。

ちなみにあのビートルズは彼の影響を色濃く受けており、ブレイク前には彼の前座を努めたほどだったとか。
売れてからも彼の曲のカバーを何曲も出していることからも、ファンぷりが伺えますね。

しかし寄る年波には勝てなかった

そんな破天荒な彼も、御年80才だそうです。
坐骨神経痛臀部痛などの様々な病気に悩まされ、今では「息をするのがやっと」とステージで漏らすほど。痛散湯は試されたのでしょうか。

寂しいことではありますが、彼の功績に引退はありません。
永遠に語り継がれるべき、素晴らしい音楽を、感謝感謝であります。
いやー、ほんと、ロックンロールって良いものですよね。

写真はhttp://www.morethings.com/music/little_richard_penniman/little_richard_penniman_photo_gallery01.htmより引用

※この記事はガジェ通ウェブライターの「写楽斎ジョニー」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP