ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リメイク版『ロボコップ』の予告動画が公開!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


来年2月に公開予定のリメイク版『ロボコップ』。その予告編動画がついに公開された。

この作品は、1987年に公開されたポール・バーホーベン監督によるSFアクション映画『ロボコップ』のリメイク版。舞台は2028年のデトロイト市。警察は多発する都市犯罪に対抗するため、巨大コングロマリット企業・オムニ社が提唱する警官のサイボーグ化案を採用。車に仕掛けられた爆弾によって瀕死の重傷を負ったアレックス・マーフィー巡査が素体として選ばれ、最新技術によってサイボーグ刑事『ロボコップ』としてよみがえる――

リメイク版では『エリート・スクワッド』でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したジョゼ・パジーリャが監督し、テレビドラマ『THE KILLING ~闇に眠る美少女』で刑事を演じているヨエル・キナマンを主役に抜擢。サミュエル・L・ジャクソンら豪華俳優陣が脇を固める。

「ROBOCOP – Official Trailer (2014) [HQ]」『Youtube』
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=INmtQXUXez8

この予告編を見る限り、オリジナル版との目立った違いがいくつかあることがわかる。
・右腕は生身のまま
・最初からアレックス・マーフィーとしての記憶が残っているらしい
・動きがロボットパントマイム風ではなく俊敏に
・装甲はシルバーから黒に
・武器がオート9じゃなくなった
・専用バイクに乗るようになった

一番気になるのはロボコップの挙動。当時の小学生がみんな真似をした「ウィーン、ガシャ」という感じのいかにもロボットらしい動きから、普通のアクションヒーローっぽい動きに一新。このように動作が洗練されたのには、舞台設定が2010年から2028年になったことも影響しているのだろうか。当時の社会風刺やポール・バーホーベン監督らしい毒を交えたシナリオ・演出が絶賛され、低予算ながら大ヒットを記録したオリジナル版に比べ、このリメイク版はかなりの予算(120億円)をかけて最新CGをバリバリ駆使したSF映画となりそうだ。

画像:公式トレイラー(Youtube)より

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ろくす」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP