ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MMD総研、次期iPhoneの購入意識調査を実施、購入希望者は58.4%、そのうちキャリアをまだ決めてない方は31.4%

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Appleが9月10日に開催するプレスカンファレンスで発表される見込みの次期iPhone。日本でもNTTドコモがついに発売するという報道がなされており、これまでの新型の発表前にも増して盛り上がっています。そんな次期iPhoneの購入意向調査を調査会社のMMD総研が行い、本日その結果を発表しました。調査は8月30日~9月2日の4日間にわたりドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話・スマートフォン利用者1800人(各キャリア600人)を対象に実施され、次期iPhoneを購入したいと考える人は全体の58.4%でした。このうち、ぜひ購入したいと回答した人は23.6%、やや購入したいと回答した人は34.8%でした。現在所有している端末のキャリア別に購入意向者を見ていくと、ドコモ利用者は55.3%、au利用者は57.0%、ソフトバンク利用者は62.8%。ドコモの既存顧客のうち半数以上はiPhoneを購入したいと考えているので、ドコモが次期iPhoneを販売することでiPhone目的の顧客流出はかなり抑制されそうです。次期iPhoneを購入するキャリアについては、日本で最初にiPhoneを発売したソフトバンクが37.9%でトップ。続いてauが30.7%、まだ決定していないと回答した人が31.4%。次期iPhoneはドコモでも販売されるみたいなので、まだキャリアを決定していない約3分の1の方はドコモに流れる可能性があります。Source : MMD総研



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Evernote」がv5.3にアップデート、画像やPDFへの注釈が可能に
Samsung、18分間にもわたるGalaxy Note 3とGalaxy Gearの紹介動画を公開
IFA 2013 : Sony、ポータブルワイヤレスストレージ「WG-C20」を発表、NFCやDLNAに対応、バッテリー容量も3,000mAhにアップ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP