体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エージェント・レイヤー・スピリチュアル

エージェント・レイヤー・スピリチュアル


今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

エージェント・レイヤー・スピリチュアル

佐々木俊尚とかイケダハヤトとか、最近、宗教や精神世界に関する発言が多いように思う。ただどうもいろいろなものがごっちゃになっている気がする。そこで整理してみる。

まず純粋に人間の精神(思考)に関するもの。人間の思考のメカニズムはまだまだ解明できていない。ただこれは脳の動作が非常に複雑だから解明に至っていないというだけで、最終的には解明されるだろう。非常に複雑なコンピュータの動作が分析困難なのと同じ。

とはいえ仕組みが解明できれば、人間の思考が予測できるとは限らない。台風の進路が完全によそくできないように、非線形な物同士が相互作用すると複雑系を構成する。よくいわれるバタフライ効果のように、わずかな違いがどんどん拡大し、大きな違いとなる。

人間の意思決定も複雑系だろうから、ちょっとした初期条件の違い、顔にハエがとまったとかで、その人のその後の人生が大きく変わる可能性はある。あらゆるものを無限の精度でシミュレートできない以上は、その人の未来の思考を予測することはできない。

   *   *   *

本質的には違うものなのに、精神世界や宗教と切っては切り離せないものは、超自然的な力。宇宙エネルギーとか生体エネルギーとか、チャクラとか。これらは、100歩譲って現代の科学では解明できないものが存在するとしても、基本的には科学の領域であり、科学が進歩していけばいずれ解明されるだろう(存在しないことも含めて)。

磁石を知らない子供が、磁石の振る舞いをみて不思議がるようなもの。磁石や核エネルギーが人間の思考とは無関係無いように、基本的には人間の思考や精神とはなんの関係もないもの。

   *   *   *

そして最後が超越者。これがいわゆる宗教の中心だろう。宇宙人や宇宙意志そのものと交信するチャネラーなども、超越者の存在を前提としている。宇宙エネルギーと違うのは、人間に近い「意志」をもっていること。磁石は人間に対して中立だが、超越者は比較的人間に近い価値観をもった振る舞いをするところが違う。

また超越者との交信手段として、宇宙エネルギーなど超自然的な力を前提とする事が少なくないから、2番めの要素としばしば深く結びついているが、2番め都の違いはやはり超越者(の人格)を想定するかどうかだろう。

超越者の能力は、天変地異を起こすような物理的なものから、未来を完璧に予測するものまでさまざまだ。ただいつも思うのは、超越者が世界に干渉する以上は、それによって初期条件が変わってしまうので、結局予測に失敗する気がするのだよね。

人間同士でもAとBが互いに相手の行動を予測し、先回りするような行動を取る場合、AがBの行動を予測した行動をBが更に予測して行動するから、それをAがさらに…と、結局予測できないことになる。つまり予測者が影響力を持つ世界は予測できない。

   *   *   *

仮に神がいて世界のすべてを予測できるとしても、神はそれを我々には伝えられない。伝えた瞬間にこの世界は神が予測したものとは違うものになってしまう。まあ、また予測しなおせばいいんだけど。満足行く世界が予測されるようになったら、我々の世界への介入をやめればいいわけで。

逆にいえば神が満足している限り、神はこの世界に介入してこない。大洪水以降、目立った介入がないってことは、神の思惑通り進んでるってことですかね(笑)。

純粋な超自然的な力(超常現象)と超越者の違いは人格を持つこと。人格とはなにか?それは未来を予測するためにシミュレーションを行うこと。シミュレーションを行い、あるべき姿を想定し、しばしばその方向へ世界を向かわせるためにこの世界に介入するのが神なのだ。まあ実際には「神」をシミュレートしているのは人間なんだけどね。これは内緒(苦笑)。

実際の宗教ではそういうことはあまり関係なく、人間に近い人格を持った超越者を想定することで、社会規範の教育に役立てている(カルトですら、カルトなりの社会規範がある)。人格を持つといっても何も人の姿をしている必要はなく、たとえばSF作品の「百億の昼と千億の夜」では、神の姿はコンピュータや経済システムの形をとることもあると看破している。経済システムも人間に社会規範を与えているといえよう。むかしはそれが天変地異など自然が中心だったというだけ。自然現象や経済をモデル化するのに文明が未発達の頃は「神」が必要だった。まだ発達が充分でない心理学や社会学では、神が残っている。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。