ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“交通ICカード”の替わりに!身につけられる“指輪型デバイス”「Sesame Ring」が開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

公共交通のICカードは、Suica、ICOCAなど、日本でも普及し、市民に身近な存在となっている。ただ、薄いカードであるため、電車に乗ろうとしたときにカードが見つからず慌てたり、乗り過ごしてしまったりした経験もあるかもしれない。アメリカのマサチューセッツでも、“Charlie Card”というICカードが存在しているが、カードが見当たらずに電車を乗り過ごした経験から、マサチューセッツ工科大学の学生たちが、“Charlie Card”に替わるツールの開発に取り組んでいるという。

3Dプリントの技術を使った「Sesame Ring」というもので、身につけられるコンパクトな“指輪型”になっているのが特徴。ウォータープルーフ仕様になっており、RFID(Radio Frequency IDentification「電波による個体識別」)の機能が搭載されている。この「Sesame Ring」には、金をチャージすることができ、改札を通過するときに、スキャナーに指輪を読み取らせて、料金の支払いを完了させるという仕組み。

学生のチームは、“Massachusetts Bay Transportation Authority”の承認を受け、「Sesame Ring」の開発を進めている。現在、資金調達プラットフォーム「Kickstarter」で、開発資金を募るキャンペーンを展開中だ。今のところ、指輪の色は、黒色、白色、赤色、青色、オレンジ色、黄色が用意されており、印字する文字の色は金、または銀を選べる。指輪のサイズを測り、追加オプションで、印字したい4文字を選んだり、好きなデザインで発注することもできるという。

Sesame Ring

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP