ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10月に発表される次期Androidのコードネームは“KitKat”になる見込み、Google本社にキットカットで出来たドロイド君模型が設置

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Google本社の敷地内にドロイド君デザインのネスレのチョコ菓子『キットカット』の巨大模型が設置されました。

GoogleのAndroidチームトップ Sundar Pichai氏は『Twitter』でAndroid端末の総アクティベーション数が10億を突破したことと共に上図のドロイド君模型を次期Androidバージョンのマスコットとして公開。次期Androidのバージョン番号は「Andorid 4.4」で、コードネームは“KitKat”としたそうです。

次期Androidのコードネームについては、これまでのリーク情報や『Google I/O』のプレゼン資料の挿絵などから“Key Lime Pie”が最有力とみられていたので、“KitKat”になるのは正直なところ意外です(というよりも、ジョークでKitKatでは? と言っていた人も多いですよね)。しかし、次期バージョンは“KitKat”と日本人も慣れ親しんだお菓子の名前になるそうです。Android 4.4“KitKat”は今年10月頃に発表されるそうです。
Source : Twitter、、NDTV



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z1“Honami”のプレスリリース文書が製品発表前に流出、5インチフルHDディスプレイ、Snapdragon 800、2,070万画素カメラ、IP58レベルの防水・防塵に対応
Acer、スマートフォンのUIをモニタ上に表示するノートPC型ドック「Acer Extend」の試作機を披露
Floating Network Monitor : アプリ使用中の通信速度をリアルタイムに確認できるAndroidアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP