ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z Ultra(C6802)は「14.1.B.1.510」へのアップデートで性能が大幅に向上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今週中頃に開始された「Xperia Z Ultra」の「14.1.B.1.510」へのアップデートでは、UIのリニューアルや新機能の追加といった変化ではなく、動作性能も大幅に向上していました。体感的には、例えば、アプリでボタンを押した時の反応が実感するほど良くなったり、アニメーションの切り替わりも見た感じスムーズになりました。ベンチマークスコアで示すと、前回バージョンのQuadrantスコアが18,000点台だったのに対して、新バージョンで20,000台に向上しました。別のベンチマークアプリ「Antutu」では、前回バージョンで28,000点台がせいぜい良いところでしたが、新バージョン30,000点を超えるほど向上しました。Xperia Z Ultraの本領発揮は「14.1.B.1.XX」にアップデートされてからということになりますね(といって、元々はこのファームウェアの状態が製品発表時の仕様とされていましたが・・・)。Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note III LCD版の初年度生産台数が全体の3割ほどになる見込みとの報道
フランス企業が着脱可能なゲームコントローラー付きAndroidタブレット「GameTab-One」を開発、IFA 2013で発表
ASUS、9月4日に開催予定のIFA 2013プレスカンファレンスで新製品を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP