ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z Ultraのパープルバージョンが海外で発売開始、“モバイルX-Realityエンジン”を実装した「14.1.B.1.493」ソフトウェアを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの6.44インチスマートフォン「Xperia Z Ultra(C6802/LX39h)」のパープルバージョンが中国で発売された模様です。それだけではなく、パープルバージョンは“モバイルX-Realityエンジン”を標準搭載していることも判明しました。「C6802」は発売時点でブラックとホワイトの2色しか販売されておらず、ソフトウェア周りはAndroid 4.2.2版Xperia Z/Xperia ZL相当でしたが、最近中国で発売されたパープルは、ブラックとホワイトには配信されていない「14.1.B.1.493」ビルドを搭載しており、公開されたスクリーンショットから、“モバイルX-Realityエンジン”が有効のほか、設定メニューやホームアプリは“Honami”相当に変わっています。やはり、「1.4.1.B.1.XXX」ビルドへのアップデートで内容が大きく変化する模様です(というより、仕様通りになるだけのことですね)。Source : GFUN



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、NFCに対応した外部スピーカー用Bluetoothレシーバー「BM10」を開発中
LG、米Verizonに4インチ・スライドQWERTYキーボードを搭載した「LG Enact」を投入
「Moto X」が早くも分解される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP