ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バタコさんのスローイングは科学的に正しい

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

スローイングの名手といえば

日本にはスローイングの名手と呼ばれる人が存在します。

中日ドラゴンズの谷繁捕手
サガン鳥栖の藤田直之選手
そして、パン工場勤務のバタコさんであります。

毎週金曜日の夕方になると、正確無比のスローイングで間一髪、愛と勇気だけが友達なヒーローを救います。
彼女こそ、金曜夕方4時45分の女と呼ぶに相応しい、名投手であります。

彼女のスローイングの謎が、ついに明かされた!

そんな彼女のスローイングの謎が、Twitterで明かされました。
こちらの画像をどうぞ。

https://twitter.com/NAMAZUr/status/367432785956327425 より抜粋

黄金比率…だと…

図の通り、彼女のピッチングフォームを螺旋状の円でなぞると、何やらピッタリ嵌まります。
これを、黄金比率が内包されている、と解釈できるのでは!?というのが今回の記事の趣旨です。
黄金比とは、簡単にいうならば、人間が最も「バランスがとれている」と感じられる比率のことだそうです。
Wikipediaによると

線分をa,bの長さで2つに分割するときに、a:b=b:(a+b)が成り立つように分割した時の比a:bのこと
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E9%87%91%E6%AF%94

だそうです。あたくしには何のことだか分かりません。

とにかく、その比率は黄金比と呼ばれ、ギリシャの神殿葛飾北斎の絵画ダ・ヴィンチのモナリザの微笑(下図)にも垣間見ることが出来ます。映画『ダ・ヴィンチ・コード』で一躍一般的な名前になりました。ご存じの方も多いと思います。


http://powerfodder.tumblr.com/post/328759998/yayeveryday-mona-lisas-secret-goldenratio より抜粋

自然界でも、ひまわりの種のつき方や松つかさの形状が、黄金率に近い形で具現化されていると言われております。


http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/44/Helianthus_whorl.jpg より抜粋

改めて観ると・・・う、美しい

あらためてバタコさんの投球フォームをご覧下さい。
あきれるくらい美しいです。まさに黄金比。

彼女の場合、1988年から毎週のように投げ続けているというんだから、2013年現在で25年間投げ続けていることになります。
その間、故障もせず、休みもせず、週一回のローテを守って投げ続けているのです。
口で言うのは簡単ですが、並々ならぬ体調管理と努力の積み重ねの賜物である、といえます。

今までも、そしてこれからも。
金曜日の夕方には、彼女の美しい投球フォームを観ていたい。
そう願うのは、あたくしだけではないはずです。

(トップの画像は足成より引用)
http://www.ashinari.com/2008/08/06-006049.php

※この記事はガジェ通ウェブライターの「写楽斎ジョニー」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP