ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宅配寿司『銀のさら』によるSUSHIブーム解説がいろいろユルすぎる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

宅配寿司『銀のさら』によるSUSHIブーム解説がいろいろユルすぎる
今、世の中は空前の寿司ブームらしいですよ。宅配寿司の『銀のさら』が言ってるんだから間違いありません! 寿司職人が海でサメを相手にマグロを取り合ったり、最近ではファッションモデルが真夏に冬服で汗だくになって微笑むなど奇妙なCMで知られる『銀のさら』が、ウェブでもおかしな企画をスタート。自ら言う寿司ブームを解説する『今、まさにSUSHIブーム!? その裏側を探る!!』をご紹介します。

話題? の“寿司ドル”が登場

寿司ドル
まず気になるネタが、「ファンの気持ちを握りたい! 話題の“寿司ドル”にズームイン」という記事。「寿司ドル」という言葉もアレですが、「ファンの気持ちを握りたい」というフレーズに、ファンのハートをわしづかみにしたいのか、それとも握りつぶしてしまいたいのかモヤモヤしてきます。

内容は公園でパフォーマンス中だった、かずの子とたら子のアイドルユニット“握りっ娘”に出会い、結成のいきさつなどを聞くというレポート記事。プロデューサーによる反省会に同席すると、厳しいアドバイスの後は『銀のさら』がふるまわれ、2人は笑顔に戻ります。

お寿司を注文する
「がんばれ、寿司ドル。君たちの時代はもうそこまで来ている!」という締めのあとには「お寿司を注文する」ボタンが。寿司を注文して寿司ブームが盛り上がれば彼女たちはスターになれる! かもしれません。

寿司ラップ界のエヴァンジェリスト

G・サラー
続いて紹介する記事は「世界のクラバーが注目! 寿司の伝道師“G・サラー”って誰だ!?」というもの。寿司をこよなく愛し、その魅力をラップで教えてくれる伝説の寿司ラッパーらしいですが、あんたホント誰なんだYO!

記事では『銀のさら』をテーマにした彼のラップ『銀のさらっぷ』を紹介。『YouTube』でも公開されているこの曲を聴いてみると……

「銀のさら」の魅力をここではSHOW YOU!
キミとの関係 まるで寿司と醤油!

イチオシは今年2倍美味しいトロサーモン!

ここまで来たらもう分かったようなもん!
注文は、キミひとりでできるもん!

……ああ、うん。韻は踏んでるみたいだけど、素人感丸出しのラップですね。でもその「鮨」パーカーはとってもいいと思うYO!

銀のさら公式【寿司の伝道師 Gサラー】(YouTube)
http://youtu.be/f-9C0C8gMSk

お寿司を注文する
締めに「ありがとう! G・サラー! 伝説はつづく……」ときて「お寿司を注文する」ボタン。注文して彼の意志を引き継ぐんだ!

情報商材風コンテンツまで

情報商材?
一応ニュース記事風のコンテンツが並ぶ中、「食べるだけで人生大成功! “奇跡の寿司”に喜びの声、続出中!」というウサン臭いコンテンツも。ガッツポーズするサラリーマンの写真と一緒に、「世界のビジネスエリートがこぞって注文する、出前サイトがある。その名は『銀のさら』」の文字。

いますぐ注文する
成功者には人生に奇跡を起こす秘密があり、その“奇跡の寿司”を食べる方法をこのページで「完全無料公開」とあり、「いますぐ注文する」ボタン。

いますぐ注文する
さらに読み進めると、「こんな悩みを抱えていませんか?」のチェックシートに続いて「このようなお悩みを抱えた方の“昼食・夕食・人生”に“圧倒的変化”をもたらす」のが『銀のさら』ということで「いますぐ注文する」ボタン。

いますぐ注文する
成功事例の紹介に続いて「成功への最短距離~注文方法の紹介」とあって「いますぐ注文する」ボタン。もういいよ! と言いたくなりますが、情報商材サイトのパターンそのままですね。

いますぐ注文する
最後には「“成功体験という名の寿司”をお届けに上がります」とあって「いますぐ注文する」ボタン。このページだけで4コも「いますぐ注文する」ボタンが設置されています。注文すると人生で成功しそうな気がしてきたぞ!

記事一覧
このほか、女子高生にブームという寿司アイテムの紹介や外国人の寿司ブームの現状、CMの撮影の裏側といった記事をラインアップ。いずれもユル~い内容で、暑くて何も考えたくないときの読み物にピッタリです。寿司ブームが来ているかどうかの真偽はともかく、一読の価値アリですよ。

今、まさにSUSHIブーム!? その裏側を探る!!
http://www.ginsara.jp/info/campaign/20130810/index.html

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。