体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

240時間黙る→ゴリラが寿司→手からビーム! 子どもたちの自由すぎる発想をクリエーターが映画化した『ドリームリレー・ムービー』第1弾が公開中

240時間黙る→ゴリラが寿司→手からビーム! 子どもたちの自由すぎる発想をクリエーターが映画化した『ドリームリレー・ムービー』第1弾が公開中

「魔女が魔法を間違えて、子どもだけの世界と240時間黙っていなければいけない競技を作ってしまった」――なんとも不思議なストーリーが展開する『エスティマ ドリームリレー・ムービー』が公開されています。子どもたちの自由すぎる発想を大人のクリエーターが映画化するこのプロジェクトは、現在第1弾となる3話のエピソードを公開中。現在は4話以降の制作が始まっており、10話以降のキャラ・アイテム・セリフのウェブでの募集はまもなく締め切りなので、お子さんと一緒に“夢のリレー”に参加してみては?

『エスティマ ドリームリレー・ムービー』

『エスティマ ドリームリレー・ムービー』は、ウェブサイト上で作れるキャラクターやアイテム、セリフを素材にして、ワークショップで全国各地の子どもたちが物語を創作。それを大人の映像クリエーターたちが映画に仕上げていくというプロジェクト。すべてのエピソードはストーリーが連続していて、ウェブとワークショップ、エピソードがリレーしていく内容になっています。

・第1話

第1話『240時間だまっていられる?』

第1話『240時間だまっていられる?』は、これから続くストーリーの始まりとなるエピソード。『エスティマ』に乗った主人公の少年と謎の運転手、見習い魔女は、未来の宇宙で悪者の“ケトロン”と“お子様”を発見。記事冒頭にあるように、見習い魔女が魔法をかけてしまって……というイラスト調のアニメーション。
http://youtu.be/nXx9D70dqWo

・第2話

第2話『すし車』

第1話の終わりでなぜかお寿司になってしまった『エスティマ』。第2話『すし車』は、通りかかったサラリーマンが車の中に入ると寿司屋になっていて、少年がマグロを握ってもらっています。でもカウンターの中にいるのは……。シュールなストーリーが実写で描かれています。
http://youtu.be/Kzrbxhh2gdw

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。