ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

240時間黙る→ゴリラが寿司→手からビーム! 子どもたちの自由すぎる発想をクリエーターが映画化した『ドリームリレー・ムービー』第1弾が公開中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「魔女が魔法を間違えて、子どもだけの世界と240時間黙っていなければいけない競技を作ってしまった」――なんとも不思議なストーリーが展開する『エスティマ ドリームリレー・ムービー』が公開されています。子どもたちの自由すぎる発想を大人のクリエーターが映画化するこのプロジェクトは、現在第1弾となる3話のエピソードを公開中。現在は4話以降の制作が始まっており、10話以降のキャラ・アイテム・セリフのウェブでの募集はまもなく締め切りなので、お子さんと一緒に“夢のリレー”に参加してみては?


『エスティマ ドリームリレー・ムービー』は、ウェブサイト上で作れるキャラクターやアイテム、セリフを素材にして、ワークショップで全国各地の子どもたちが物語を創作。それを大人の映像クリエーターたちが映画に仕上げていくというプロジェクト。すべてのエピソードはストーリーが連続していて、ウェブとワークショップ、エピソードがリレーしていく内容になっています。

・第1話

第1話『240時間だまっていられる?』は、これから続くストーリーの始まりとなるエピソード。『エスティマ』に乗った主人公の少年と謎の運転手、見習い魔女は、未来の宇宙で悪者の“ケトロン”と“お子様”を発見。記事冒頭にあるように、見習い魔女が魔法をかけてしまって……というイラスト調のアニメーション。
http://youtu.be/nXx9D70dqWo

・第2話

第1話の終わりでなぜかお寿司になってしまった『エスティマ』。第2話『すし車』は、通りかかったサラリーマンが車の中に入ると寿司屋になっていて、少年がマグロを握ってもらっています。でもカウンターの中にいるのは……。シュールなストーリーが実写で描かれています。
http://youtu.be/Kzrbxhh2gdw

・第3話

第3話『手のひらからビーム』は、とある惑星が舞台に。そこにいたロボットと宇宙飛行士に魔女が魔法をかけると、手からビームが出るように。これを武器に“ケトロン”や“お子様”との戦いが始まって……というコラージュアニメーション。
http://youtu.be/hZfprsKBRlM


公開中の3話の中から、とびきりシュールな第2話『すし車』をもう少し詳しくご紹介しましょう。サラリーマンが寿司屋に入り、「おお、いらっしゃい!」とカウンターの中から声をかけるのは、なんとゴリラ。


寿司屋のカウンターでゴリラが寿司を握っている――もうそれだけで1本映画ができそうな、想像の世界が広がるシチュエーションだと思いませんか? 器用な手つきでマグロを握るゴリラ。寿司職人がゴリラになったのか、それともゴリラが修行して寿司職人になったのか、いろいろ考えるだけで笑ってしまいます。


完成した寿司に、少年は「じゃあ、くっつけようか」と一言。せっかく握った寿司をくっつけるなんて……子どもが考えそうなことではありますが。そしてそのくっつけを担当するのがクマ。手をかざすと、1本の大きな寿司になってしまいます。それを謎の革命家が切り分けて少年に差し出します。


「結局切るのかよ!」と内心ツッコみながら見ていると、寿司からネタをはがしだす少年。シャリの上にはなぜか1円玉が3枚乗っていて……。他人が見ている夢をのぞいているようなシュールな映像が、独特の間と共にていねいに描かれています。子どもたちの発想もすごいけど、それを1本の映画にまとめてしまう田中裕介監督の手腕にも脱帽ですね。


現在、第4弾のキャラとアイテム、セリフが『ドリームリレー・ムービー』のウェブサイトで募集中。キャラとアイテムはウェブ上で使えるお絵かきツールで描き、投稿できます。「“頭のいいキャラ”を描いてね!」などヒントが表示されるので、何を描くかアイデアが浮かばなくても大丈夫。セリフは既に用意されているキャラにフキダシが表示されるので、そこにテキストを入力して投稿します。自分が考えたキャラはセリフが映画になったら……考えるだけでワクワクしてきますね。

プロジェクトでは第2弾のエピソードが8月下旬に公開予定、8月24日には第4回のワークショップが開催されます。第4弾まで、合計12人の監督が制作した映像は1本の映画にまとめられ、2013年秋に完成した作品の上映会を予定。2014年2月に開催される『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2014』でも上映されるとのこと。今後の展開も楽しみです。

トヨタ エスティマハイブリッド『ドリームリレー・ムービー by CREATE THE FUTURE PROJECT』
http://createthefuture.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP