ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、韓国向けにLTE対応の2画面折りたたみ式Androidスマートフォン「SHV-E400」を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先日、Smasungが韓国で折りたたみ式のAndroidスマートフォンの発売を計画していることを紹介しましたが、その端末の存在が公開された「SHV-E400K」のマニュアルより判明しました。「SHV-E400K」のマニュアルに記載されている端末のイラストによると、端末自体は中国で数年前より販売されている2画面・折りたたみ式を採用している模様です。ディスプレイ部分の前後にタッチパネルが搭載されており、開いても閉じても端末を操作できます。開いた状態ではテンキーも使えます。スペックは、ディスプレイは前後共に93.3mm(約3.67インチ)800✗480ピクセル(WVGA)のSuper AMOLED、プロセッサはSnapdragon 400 MSM8930ABデュアルコアを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、NFC、GSM/WCDMA/LTEに対応しています。本体サイズは118mm x 59.5mm x 15.8mm、質量は179g。本体はコンパクトですね。バッテリーは1,820mAhとなっています。Source : Samsung(PDF)



(juggly.cn)記事関連リンク
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2013年7月)、Jelly Beanのシェアが40%を上回る
「Moto X」にはGoogle Play Editionも存在するらしい
Sony Mobile “Honami”の写真がまた流出、Gレンズの採用と2,000万画素カメラの存在が確認される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP