ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NFC搭載のおサイフケータイ対応スマートフォン向け非接触IC決済サービス「三井住友カード Visa payWave」が2013年9月より提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、三井住友カードの5社は8月1日、国内において2013年9月よりNFC(Type-A/B)を搭載したおサイフケータイ対応スマートフォンでVISAが開発した非接触IC決済サービス「VISA payWave」を利用できるサービスを開始すると発表しました。「VISA payWave」は、VISAが開発した非接触IC技術のことで、それを利用した決済サービスが2013年9月より「三井住友カード Visa payWave」の名の下で国内で開始されます。これにより、NFC(Type-A/B)を搭載した国内のおサイフケータイ対応スマートフォンでも「VISA payWave」のICリーダーが設置されているショップでおサイフケータイのようにかざすだけでの支払いを行なうことができます。「VISA payWave」はグローバル展開されている非接触決済ソリューションなので、海外のショップでも国内と同じように支払いを済ませることができます。「VISA payWave」に対応したサービス第1弾となる「三井住友カード Visa payWave」は、満20歳以上の三井住友カードが発行するVISAカードを所有する会員に対して提供されます。サービスではGoogle Playストアを通じて専用アプリが配信されるので、それを対応機種にインストールすることで、決済サービスを利用できるようになります。現時点の対応機種はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクより計31機種が販売されています。詳細は以下のリンクで確認してください。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
IGZO&フルセグ搭載タブレット「AQUOS PAD SH-08E」が本日発売
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2013年7月)、Jelly Beanのシェアが40%を上回る
「Moto X」にはGoogle Play Editionも存在するらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP