ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、「Chromecast」に対して初のアップデートを提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは7月31日、テレビ用HDMIスティック「Chroomecast」のソフトウェアアップデート提供開始を発表しました。「Chromecast」は質量34gの小型HDMIスティックで、HDMI対応テレビや外部ディスプレイに接続すると、スマートフォンやタブレット、Chromeブラウザで再生したYouTube動画やGoogle Playの映像・音楽、Chromeブラウザのタブの表示内容をワイヤレスで受信し、テレビなどの画面上に表示します。今回のアップデートは動作とストリーミング性能の改善、信頼性とセキュリティを向上を目的としたもので、アップデート処理は自動的に実行されるので、ユーザー側で特別な操作を行なう必要はないとのことです。アップデートは数日で全ての「Chromecast」に行き渡る見込みとされています。Source : Chrome Releases Blog



(juggly.cn)記事関連リンク
Motorolaが新フラッグシップ「Moto X」を正式発表、北・南米で8月下旬より発売
Android 4.3でも動作するMX動画プレイヤー(テスト版)のapkファイル
x86向けAndroid 4.3のテストビルドがAndroid x86プロジェクトで公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP