ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

週刊文春が「シャブ&飛鳥の衝撃」という見出しでASKAこと飛鳥涼の薬物疑惑を報じる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

東京スポーツが7月24日付の1面で「超大物シンガー薬物中毒 逮捕秒読み 吸引ビデオで闇社会から脅迫も」と報じて以来、『2ちゃんねる』を中心にネットではその超大物シンガーとは誰なのかと探索が続けられていた。東スポの記事ではそのシンガーのシルエットがあり、その元ネタと思われる写真が発見され一致したことから「超大物シンガー」とはチャゲ&飛鳥の飛鳥涼(ASKA)さんのことでは? と推測されていた。「振り返ればサツがいる」といったようなネタの書き込みも相次いでいたようである。

そして、8月1日発売の『週刊文春』が

これが復活ライブ延期の真相だ! その時チャゲは…
シャブ&飛鳥の衝撃
飛鳥涼は「覚せい剤吸引ビデオ」で暴力団に脅されていた!

という記事を掲載、ついに公に実名が出ることとなった。

記事では、その「覚せい剤吸引ビデオ」の内容を詳細に解説。そして、ASKAがもしも取材したような量の覚せい剤を使用しているのなら、「麻薬中毒者でも末期的なレベル」という麻薬Gメンのコメントを紹介し、ASKA本人に直撃取材をした様子も伝えている。

これを受けて8月1日の東スポは「ついに実名報道 飛鳥重度薬物実態」と、自身のスクープ記事がきっかけとなった文春の記事について報じている。

当の『2ちゃんねる』では「“シャブ&飛鳥”って、2ちゃんねるのネタかと思ったら文春の見出しかよ(笑)」といったような、驚嘆の声が挙がっていたりするようである。

東スポは、「超大物シンガー」(ASKA)の他にも、東京ドームでライブを行いソロとしても活躍する「大人気ロックグループの中心メンバー」にも薬物依存の過去があったと伝えていた。こちらも記事にはシルエットがあり、『2ちゃんねる』では同じように元ネタと思われる写真が発見されているようだ。

※画像は『週刊文春』のサイトより引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP