ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Google TVにChromecastの機能を実装する計画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テレビに接続して使うHDMIスティック「Chromecast」の発売によりGoogleがスマートテレビ事業に対して別のアプローチを取り始めたことが明るみになったことから、Google TVの存亡を心配する声が一部のGoogle TVユーザーより寄せられている件について、Googleは、Google TV事業を従来どおり継続して進めていくことを明言し、さらに、「Chromecast」の機能を実装する計画を明らかにしました。「Chromecast」は、HDMI対応テレビや外部ディスプレイに接続すると、スマートフォンやタブレット、ChromeブラウザからYouTube動画やGoogle Playのコンテンツ、ChromeブラウザのWEBページを大画面で再生することができるスティック型のアダプタ機器。$35という手頃な価格で販売されています。Google TVの開発に携わるGoogleのWarren Rehman氏は自身のGoogle+ページを通じて、Chromecastの機能がGoogle TVに組み込まれることを示唆。また、GoogleはGoogle TVのGoogle+ページを通じて、今後も復数の端末メーカーよりGoogle TVを採用した新製品が発表されることに加えて、年内中に新機能の追加を含むメジャーアップデートを提供する計画を明らかにしました。その際、Chromecastの機能が実装されることでしょう。Source : Google+(Warren Rehman氏)(Google TV



(juggly.cn)記事関連リンク
米Amazonと米Best Buyが予定よりも早く新型Nexus 7(Wi-Fiモデル)の販売を開始
CyanogenModの開発チーム、“Nemesis”プロジェクト第1弾としてカメラアプリ“Focal”をリリース予定
HTC One用「MoDaCo Switch」のベータ版がリリース、Galaxy S 4 GT-I9505用も開発される予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP