ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

装着者の“健康状態”から“感情の状態”まで検知するスマートシャツ、OMsignalが開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

運動不足が問題にされる現代人向けに、さまざまなフィットネスグッズや健康グッズが出回っている。今では、運動のデータを取得し、スマートフォンと連動させるツールも登場し、スマートソックス「Sensoria Fitness Socks」のように、身につけて使用するタイプも見られるようになった。

OMsignalが開発しているのは、“シャツ”タイプの新しい形状のウェアラブルツール。「OMsignalシャツ」には、センサーが搭載されており、装着者の“身体活動のデータ”を測定するだけでなく、“感情の状態”まで検知するという。身につけられた「OMsignalシャツ」は、使用者の肌とダイレクトにコンタクトし、1分間あたりの心拍数(bpm)、呼吸の状態やバランスをチェック。また、搭載されている高感度で正確な加速度計が、装着者の1日の活動をモニターし、グラフ化してデータを整理してくれるため、1日のうち、いつ、もっとも活動をしているのか、目にもわかりやすくなっている。もちろん、消費カロリーの計測も可能だ。

これらの計測データは、リアルタイムでユーザーのスマートフォンに送信され、専用のアプリに情報が集積されていく。データの追跡や分析をおこない、そこから導き出されるユーザーの健康状態、および感情の状態を検知するという流れ。これらの情報は、アプリを通じて家族や友人とシェアすることもでき、楽しく健康管理するというだけでなく、健康状態に不安のある家族や高齢の親族などの健康状態をモニターし、いち早く状態の変化に気づくためにも役立てられそうだ。

現在のところ、「OMsignalシャツ」の一般発売日は未定。開発チームは、食生活習慣の管理や、妊婦の胎内にいる赤ちゃんの健康状態の追跡など、より幅広く生体計測データを活用できるよう、さらなる機能拡張を目指しているという。

OMsignal

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。