ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Canonical、Ubuntu Phone OSとAndroidを搭載したオリジナルスマートフォン『Ubuntu Edge』の開発プロジェクトをオンライン資金調達サイトで開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Linuxディストリ“Ubuntu”の開発を進めている英Canonicalが、スマートフォン向けOS“Ubuntu Phone OS”を搭載したオリジナルスマートフォン『Ubuntu Edge』の開発プロジェクトをオンライン資金調達サイト『IndieGoGo』で開始しました。

『Ubuntu Edge』は、Ubuntu Phone OS/Androidを搭載したデュアルOS仕様のスマートフォンで、キーボード・マウスを接続し、HDMIで外部モニタに接続すると、UbuntuデスクトップPCととしも利用できるハイブリッドタイプの製品。ハードウェアスペックは、マルチコアCPU、最低でも4GB以上のRAM、128GBのフラッシュメモリを搭載するなど、ミニPCに匹敵する高いスペックが予定されています。

『Ubuntu Edge』はIndieGoGoで出資した人に対してのみ販売される限定モデルで、一般販売の予定は今のところ案内されていません。発売・発送開始時期は英国と米国で2014年5月と案内されています。Canonicalは『Ubuntu Edge』の開発プロジェクトのために3200万ドル(約32億円)もの巨額な資金提供を募っています。



『Ubuntu Edge』の主なスペックは以下のとおりです。

“Ubuntu Phone OS”と“Android”のデュアルブート仕様
両OSでデスクトップ版「Ubuntu」を利用可能
高速なマルチコアCPU
4GB RAM、128GBストレージ
4.5インチ1280×720ピクセルのディスプレー
背面に800万画素カメラ、前面に200万画素カメラ
デュアルLTEチップ搭載、Wi-Fi a/b/g/n(nはデュアルバンド)、Bluetooth v4.0、NFC
GPS、加速度センサー、ジャイロセンサー、近接センサー、コンパス、気圧センサー
ステレオスピーカー、デュアルマイク、ノイスキャンセリング機能搭載
MHL、3.5mmオーディオジャック
筐体サイズは124mm x 64mm x 9mm
Source : IndieGoGo



(juggly.cn)記事関連リンク
LG、8月7日にニューヨークで開催するイベントで「LG G2」の発表を予告、特設ページもオープン
Tegra 4を搭載したAndroidベースのハイブリッドノートPC「HP SlateBook X2」の開封動画
Floating Toucher : Androidの機能スイッチやアプリなどのショートカットをディスプレイ上にオーバーレイ表示するランチャーアプリ

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP