ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

二次創作を認める「同人マーク」デザイン募集

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
二次創作を認める「同人マーク」デザイン募集

同人誌は日本の優れた文化である。だが、問題となっているのが著作権だ。TPP交渉では著作権侵害の非親告罪化が実現する恐れがあり、このままでは二次創作同人文化が萎縮してしまう可能性が高い。

そこで、クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(CCJP)の活動母体・コモンスフィアは2013年晩夏までに「同人マーク」(仮)をリリース予定だ。「同人マーク」(仮)は、作者が自らの作品の元にした二次創作同人誌について、第三者によるイベントでの配布を認める旨を意思表示できるというもの。コモンスフィアはこのデザイン案について7月28日まで一般公募を行なっている。

 

同人マーク(仮)の内容の詳細は現在準備中のようだが、基本的なコンセプトは以下のように記されている。

(1)作家が自分の作品について付けるもの、

(2)第三者による二次創作同人誌の配布を同人誌即売会で行うことを認める(ただし、デジタルデータは除く)、という意思表示である、

(3)もとの作品の全部または一部をそのままコピーして配布することは認めない(二次創作のみ許容する)、

という3点を含むもの

現在、コンテンツ向けの著作権の意思表示ツールとしては、広く使われているクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(*http://creativecommons.jp/)がある。原則、一定の条件を守れば作品をそのままコピーできることを前提としているが、これでは、日本の創造的な同人文化にはそぐわない。そこで、二次創作を認める新しい意思表示ツールが希求され、「同人マーク」(仮)が生まれることになった。

二次創作を認める「同人マーク」デザイン募集

国際的に通用するマークを目指しており、募集されるのは黒1色のデザイン案だ。審査員は漫画家の赤松健さん、週刊少年マガジン編集長の菅原喜一郎さん、明治大学特任教授の中山信弘さん、弁護士の福井健策さん、コモンスフィア理事のドミニク・チェンさん。応募は7月28日〆切で、メールで募集を受け付けている。採用されたマークは、8月上旬にWebサイトで発表される他、2013年晩夏に予定されている講談社『少年マガジン』における赤松健氏による新連載の漫画作品から、「同人マーク(仮)」が順次採用される予定だ。

 

あなたがデザインしたマークが日本の同人誌文化を救うかもしれない。応募詳細は下記WEBサイトへ!

 

「同人マーク(仮)」のデザイン案の募集のお知らせ

*URL:http://commonsphere.jp/archives/286【サイト】

※この記事はガジェ通ウェブライターの「アサトーミナミ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。