ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美の米国代表が出会い系アプリでプロフを公開!顛末と理想の出会いを語る

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ミス・ユニバースの優勝者を最も多く輩出しているミスUSA。美の米国代表はオトコに困ることはなさそうですが、なんと出会い系アプリで自らのプロフィールを公開していたそうです。米FOXニュース、英デイリーメール紙などが報じました。

2012年度ミスUSA準優勝者のナナ・メリウェザーさん(28歳)は、ミスUSA優勝者がミス・ユニバースも制したことから、“繰り上げ”で美の米国代表を務めることに。今年度のミスUSAは先月発表されましたが、メリウェザーさんは任期中の4月から交際相手を探すアプリ『Tinder』を利用していました。

Tinderは、近所に住んでいる面識の無い人を検索し、互いが良いと思えばメッセージのやりとりが可能になる無料アプリです。地域性と匿名性が強いとされ、ニューヨーク(NY)のマンハッタン南部エリアで検索すると、『ナナ(28歳)』がヒットし、ミスUSAの顔写真が表示されたそうです。

メリウェザーさんは「男友達に勧められて登録した」と事実を認め、「NYの人に会うには素晴らしい方法かもしれないわ。独り身の時はどんな手段でも試してみるべきだと思う。今は交際相手を探すための新しいアプリがどんどん登場している。Tinderは本当に面白いわよ」と語っています。

とはいえ、将来の医大入学を考えている、南カリフォルニア大学院卒の才女は、7500万組のカップルを生んだとされる出会い系アプリを“パーティーゲーム”とみなしています。さらに「オールドファッションな、面と向かってのやりとりを好んでいる」と本音も述べました。メリウェザーさんがアプリで承認した男性は「2、3人だけ」とのこと。

画像: ナナ・メリウェザーさんのTwitterのキャプチャ
https://twitter.com/NanaMeriwether

※この記事はガジェ通ウェブライターの「綾瀬 新」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP