経済産業省『クール・ジャパン法』のエヴァ風PR動画がクールというよりはサムい

Pocket
LINEで送る

2013.07.10 16:15 記者 : カテゴリー : エンタメ タグ :

経済産業省
7月5日に、経済産業省が『クール・ジャパン法 ~日本の魅力をビジネスへ~』という動画をアップした。

クール・ジャパン法 ~日本の魅力をビジネスへ~
(http://www.youtube.com/embed/4Ez4lUHzooc)

本法律は、我が国の魅力をビジネスにつなげるため出資や助言等の支援を行う(株)海外需要開拓支援機構(クール・ジャパン推進機構)を設立するための法律です。ここでは、今回設立される機構やクール・ジャパン戦略について、実際に法案作成に携わった若手職員や現場の事業者の皆様の声を交えてご紹介します。

とのことで、いわゆる“クール・ジャパン”の推進動画のようである。

BGMにはベートーヴェンの第九『歓喜の歌』を使用し、明朝体の文字を使って『新世紀エヴァンゲリオン』(エヴァ)風に仕上げようとしているようだ。とはいえ、あの『エヴァ』で使用されている特徴的な極太明朝ではないようで、まったくスタイリッシュさを感じない。そして、BGMは途中『エヴァ』と関係ない『ラデツキー行進曲』に変わる。なぜ。

なんとなく、パワーポイントで作ったプレゼン用の資料を動画にした感じで、「職員が頑張って作ったんだろうけど、もう少し予算的になんとかならなかったものだろうか」と思えるような微妙なできばえとなっている。

最後は「クール・ジャパン推進機構 2013年 秋 始動!」と画面に出て終わっているのだが、なんともお役所のお仕事という感じがして不安になる動画である。

※画像は『Youtube』の経済産業省チャンネルより引用

Taka

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

●ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから

●記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。


Pocket
LINEで送る

関連記事

セブン-イレブンは、8月7日(木)より、『エヴァンゲリオン』とコラボレーションしたキャンペーンを開始しました。新劇場版の新作を待ち続けるファンにとっては、うれしい内容となっています。8月5日(月)に行われた記者発表会には、芸能界の『エ...続きを読む

先日、ガジェット通信に『Nicheee!』(http://www.nicheee.com/)より 日本をもっと美しく!安全に!無電柱化民間プロジェクト記者発表会 という記事が配信された。 政府・自民党が推進する無電柱化の...続きを読む

JGマーケティングは、クラウドファンディングプラットフォーム『ShootingStar』(シューティングスター)にて『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とのタイアップで発足したレーシングチーム『エヴァンゲリオンレーシング』(以下、エヴァレ...続きを読む

昨年“新劇場版”3作目の公開、初の本格的な展示会なども開催し、まだまだファンを魅了し続ける大人気作品「エヴァンゲリオン」と、こちらも幅広い世代に愛されているイタリア生まれのキャラクター「Rody」。人気のコンテンツがコラボした“EVA...続きを読む

『新世紀エヴァンゲリオン』のキャラクターの中でもミステリアスの雰囲気で人気が高い渚カヲル。主人公の碇シンジとの会話からは「他人を知らなければ裏切られることも、互いに傷つく事もない、でも、寂しさを忘れる事もないよ」や「ガラスのように...続きを読む