ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

読書界の鬼才・成毛眞氏の「知的な人間は漫画なんて読まない」発言にネットユーザー猛反発?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


昨年のPRESIDENT 2012年4月30日号に掲載された記事「ファンタジーに逃げる“下流”の人々 -「年収別」心底、役立った1冊、ゴミ箱行きの1冊」が、7月6日にウェブ上に掲載され『Twitter』などで多いに批判を浴びているようだ。

記事の概要は、昨年行ったアンケートの結果を分析するというもの。年収500万、800万、1500万それぞれ334人ずつから合計1002人の回答を得たという。

以下、投資コンサルティング会社インスパイアのファウンダーにして社団法人HONZを率いる読書界の鬼才、成毛眞氏、そして幾多のベストセラーを世に送り 出してきたエリエス・ブック・コンサルティングの代表にして、メールマガジン「ビジネスブックマラソン」の筆者、土井英司氏のおふたりによる的確かつ辛辣 なコメントをいただきながら、読書と年収の赤裸々な関係を見ていくことにしよう。

ということで、成毛眞氏と土井英司氏の2人が年収別の読書傾向にコメントしてゆく。成毛眞氏については、マイクロソフト日本法人の元社長というイメージはあったのだが、いつのまにか「読書界の鬼才」と呼ばれていたのかとちょっと驚く。というか読書界って何。

そして、文中の

【土井】500万の人は明らかにファンタジー、エンタメ中心です。『ONE PIECE』なんて漫画は思い切りファンタジーです。

【成毛】そもそも知的な人間は漫画なんて読まないよ。海外企業のマネジメントなんて、漫画本の表紙すら見たことないだろうねぇ。

というところにカチンときたネットユーザーが多いようである。

また、

【土井】(略)上流は世の中を動かす法則や権力者の意図、そして政治に強い関心がありますね。苦境の時代こそ、現実を見据え、現実を変えていこうとしている。一方で、500万の人はファンタジーに逃げているように見えます。

という記述もある。

この記事がウェブ上に掲載され、9日の段階で『Twitter』によるコメントが1100以上、『ニコニコニュース』に配信された同記事には2400近くのコメントがつき現在も炎上状態となっているようである。一年以上前の記事なので、何らかの意図があっての炎上マーケティングの一環だとしたら大成功と言えるかもしれない。

一方、成毛眞氏(@makoto_naruke)は7月8日に『Twitterにて』

「プレジデントのやっつけ仕事でエライ目になってしまった。二度とプレジデントの仕事は引き受けないw」
「プレジデントのやっつけ仕事でエライ目にあってしまった。二度とプレジデントの仕事は引き受けない。」

と語尾を変えて2回ツイートしている。

※画像は『Twitter』より引用

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP